Marshmello ft. Bastille「Happier」歌詞(和訳)の意味とは?

happier02_pic

(出典: https://www.vertigomusic.com)

8月にリリースされた、Marshmello ft. Bastille(マシュメロ&バスティル)の「Happier(ハピアー)」。

そのMVもつい先日公開となって話題を呼んでいる一曲ですね。

少し複雑ですが、歌詞を見ると「Happier」は、もう元に戻すことのできない二人の関係を歌った切ない印象を受ける曲です。

聴く人の状況によって少し解釈に幅が出るかもしれませんが、

主人公であるこの人物は、「君がもっと幸せになるためには、僕は去るのが一番なんだ。」という少し悲しい結論に至っていると思って聴いて問題ないでしょう。

そして、もう一つ面白いと感じたのは、このMVのストーリーで、
上の解釈とはまた少し違ったメッセージにも思える少し深い内容となっているのが印象的です。

そんなことを考えながら聴いて頂きたい Marshmelloの「Happier」。

今回は、この曲の歌詞(和訳)の意味を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

Marshmello ft. Bastille「Happier」歌詞(和訳)の意味とは?

「Happier」ー Marshmello ft. Bastille
Produced by Marshmello

Lately, I’ve been, I’ve been thinking
(最近ずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君には幸せになってほしいって、もっともっと)

When the morning comes
(朝がくる時)
When we see what we’ve become
(今の僕らの状況を理解しては思うんだ)
In the cold light of day we’re a flame in the wind
(冷たい光の中で、僕たちは風に揺らめく炎のよう)
Not the fire that we’ve begun
(一緒に灯した火ではないけど)
Every argument, every word we can’t take back
(あの口論や、言ったことにはできない言葉の数々)
‘Cause with all that has happened
(今まで起こったこと全部考えれば)
I think that we both know the way that this story ends
(この物語がどんな結末になるかお互い分かるよね)

Then only for a minute
(だけど一瞬だけ)
I want to change my mind
(僕は心変わりしたくなる)
‘Cause this just don’t feel right to me
(だってこれじゃあどうにも腑に落ちないから)
I wanna raise your spirits
(僕は君の気を高めてあげたいし)
I want to see you smile
(笑っていてほしいと思う)
Know that means I’ll have to leave
(でもそうなると)
(僕は去らなきゃいけないとも分かってるんだ)

Know that means I’ll have to leave
(僕は去らなきゃいけないと分かっていながら)
Lately, I’ve been, I’ve been thinking
(最近ずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君には幸せになってほしいって、もっともっと)

When the evening falls
(陽が落ちれば)
And I’m left there with my thoughts
(僕はこの考えとともに取り残された気分になる)
And the image of you being with someone else
(君が誰か他の人と一緒にいるイメージが浮かんで)
Well, it’s eating me up inside
(あぁ、それが僕を中から蝕んでいくんだ)
But we ran our course, we pretended that we’re okay
(でも僕らは今までこうしてやってきた)
(何にも問題はないようなふりをして)
Now if we jump together at least we can swing
(もしいま僕らが一緒に飛んだなら)
Far away from the wreck we made
(せめて今までのような)
(最悪の状況からは逃避できるんじゃないかな)

Then only for a minute
(そして一瞬だけ)
I want to change my mind
(ぼくは心変わりしたくなる)
‘Cause this just don’t feel right to me
(だってこれじゃあどうにも腑に落ちないから)
I wanna raise your spirits
(僕は君の気を高めてあげたいし)
I want to see you smile
(笑っていてほしいと思う)
Know that means I’ll have to leave
(でもそうなると)
(僕は去らなきゃいけないとも分かってるんだ)

Know that means I’ll have to leave
(僕は去らなきゃいけないと分かっていながら)
Lately, I’ve been, I’ve been thinking
(最近ずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君には幸せになってほしいって、もっともっと)

So I’ll go, I’ll go
(だから僕はいくよ)
I will go, go, go
(僕はいくよ)
So I’ll go, I’ll go
(僕はいくよ)
I will go, go, go
(僕はいくよ)

Lately, I’ve been, I’ve been thinking
(最近ずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君には幸せになってほしいって、もっともっと)
Even though I might not like this
(この状況が僕の望んだものではなくても)
I think that you’ll be happier, I want you to be happier
(君が幸せになると思うから、幸せになってほしいから)

Then only for a minute (only for a minute)
(そして一瞬だけ)
I want to change my mind
(ぼくは心変わりしたくなる)
‘Cause this just don’t feel right to me
(だってこれじゃあどうにも腑に落ちないから)
I wanna raise your spirits
(僕は君の気を高めてあげたいし)
I want to see you smile
(笑っていてほしいと思う、でも)
Know that means I’ll have to leave
(そうなると)
(僕は去らなきゃいけないとも分かってるんだ)

Know that means I’ll have to leave
(僕は去らなきゃいけないと分かっていながら)
Lately, I’ve been, I’ve been thinking
(最近ずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君には幸せになってほしいって、もっともっと)

So I’ll go, I’ll go
(だから僕はいくよ)
I will go, go, go
(僕はいくよ)

スポンサーリンク

終わりに

happier01_pic
(左からマシュメロとダン・スミス)
(出典: https://www.nme.com)

いかがだったでしょうか。

今回は、人気音楽プロデューサーの『マシュメロ』が、イギリスのバンド『バスティル』をフィーチャーして生まれた一曲「Happier」を紹介してみました。

冒頭に少しだけ述べたこの曲のMVですが、「女の子が誕生日に犬をプレゼントされる」風景が世代をまたいで受け継がれる様子が描かれています。

このビデオのストーリーも踏まえてこの曲を聴くと、

「やがて訪れる避けられない別れ」や、「繰り返されていく人生のサイクル」のことも浮かびます。

ちなみに「Happier」の歌詞は『バスティル』のボーカルであるダン・スミスが作詞を担当。

全体のテイストとしては、少しせつない曲ではありますが、とても共感性があって素敵な一曲ですよね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)