ONE OK ROCK「Broken Heart of Gold」和訳&歌詞の意味とは?

ONE OK ROCK「Broken Heart of Gold」和訳&歌詞の意味とは?

佐藤健さんが主演を務め、その豪華キャスト陣にも大きな注目が集まっている映画『”るろうに剣心 最終章 The Beginning” (2021年6月4日(金)公開) 』の主題歌として起用されているワンオクロックの「Broken Heart of Gold」(読み方:ブロークンハート・オブ・ゴールド)。

この映画の主題歌を担当することに関して言えば、『るろうに剣心』や佐藤健さんと共に歩んで来たと言っても過言ではない『ONE OK ROCK』ですが、ボーカルであるTakaさんも、主題歌を手掛けることへのプレッシャーや、この映画への特別な想いをインタビューで語っていますね。

【ONE OK ROCK・Takaさんコメント】

この好きな自分の映画に、自分たちが作った曲のタイトルを入れて頂くっていう監督の愛をすごく感じましたし、「僕らがやらない方がいいんじゃないかな?」っていう所まで一回いきましたね。健が「それはありえない」と。佐藤健とONE OK ROCKと『るろうに剣心』ですかね。それがもうバンってハマった瞬間を感じて腑に落ちたっていう。やっぱ健にしか出来なかったなって、この映画を観る度にすごい感じるんですよね。

求められるアクションのクオリティってどんどん上がっていってると思うんで、相当しんどかったと思いますし、面白いことに『るろうに剣心』の新作が出る度に、新しいチャレンジをしている段階なんですよ『ONE OK ROCK』って。葛藤だったりとか、時代を変えるために前に突き進んでいく、そのため剣を振るって相手を倒していく。圧倒的に孤独であって、優しさも寂しさも持ち合わせている。そんな剣心自身の人間性にフォーカスを当てて、今のバンドとしての向いている方向性みたいのものをリンクさせながら曲を作っていったって感じですね。

そんな剣心の心の孤独や葛藤が大きく反映されているように見受けられるこちらの「Broken Heart of Gold」。

今回の記事ではこの曲の和訳や歌詞の意味を考察していきたいと思います。

【ONE OK ROCK「Renegades」和訳&歌詞の意味についてはこちら】

スポンサーリンク

ONE OK ROCK「Broken Heart of Gold」和訳&歌詞の意味とは?

「Broken Heart of Gold」ー ONE OK ROCK

I move along
(僕は歩き続ける)
Something’s wrong
(でも何かがおかしい)
I guess a part of me is gone
(僕の一部は失われたみたいで)
Skies are gray
(空は灰色)
Start to fade
(そして霞んでゆく)
I guess I threw it all away
(僕は全てを投げ出してしまったのだろうか)

Sometimes I just wanna quit
(時々、ただやめてしまいたくなるんだ)
Tell my life I’m done with it
(この人生に終わりを告げようって)
When it feels too painful
(特に、辛すぎる時には)
Sometimes I just wanna say
(時々、言いたくなる)
I love myself but not today
(自分のことは好きだけど今日は違うと)
When it feels too painful
(辛すぎる時はね)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しさは終わりさ)
I smash my broken heart of gold
(僕は疲れ切った優しい心を砕く)

Tired soul
(疲労した魂に)
Dying hope
(死にゆく希望)
I guess I’m running out of road
(おそらく道は尽きてしまったんだ)
I guess I’ve got nowhere
(どこにもたどり着かないまま)

Sometimes I just wanna quit
(時々、ただやめてしまいたくなるんだ)
Tell my life I’m done with it
(この人生に終わりを告げようって)
When it feels too painful
(特に、辛すぎる時には)
Sometimes I just wanna say
(時々、言いたくなる)
I love myself but not today
(自分のことは好きだけど今日は違うと)
When it feels too painful
(辛すぎる時はね)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しさは終わりさ)
I smash my broken heart of gold
(僕は疲れ切った優しい心を砕く)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しい心を砕くんだ)

もう消えそうで
弱り切った声で
また振り払って
でも feels like I’m in hell
(まるで地獄にいるようさ)
I’m in hell
(地獄にいるのさ)

Sometimes I just wanna quit
(時々、ただやめてしまいたくなるんだ)
Tell my life I’m done with it
(この人生に終わりを告げようって)
When it feels too painful
(特に、辛すぎる時には)
Sometimes I just wanna say
(時々、言いたくなる)
I love myself but not today
(自分のことは好きだけど今日は違うと)
When it feels too painful
(辛すぎる時はね)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しさは終わりさ)
I smash my broken heart of gold
(僕は疲れ切った優しい心を砕く)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しい心を砕くんだ)

曲のタイトル「Broken Heart of Gold」の意味とは?

Idiom-a-heart-of-gold

(出典: https://www.oysterenglish.com/heart-of-gold.html)

まずは、曲のタイトルにもなっている「Broken Heart of Gold」の意味について考えてみたいと思います。

英語には、イディオムで「a heart of gold(直訳すると「金の心」)」というものがあり、「相手のことを思いやることのできる人」「寛大な人」「優しい心の持ち主」などを意味する言い回しがあります。

それほど、輝かしい心という感じでしょうか。

しかし、この「Broken Heart of Gold」はその「金の心が(broken=壊れた) 状態」にあることを示していると考えるのが自然でしょう。

冒頭でTakaさんのインタビューについて触れましたが、その中でTakaさんは剣心の人間性について、

「葛藤だったりとか、時代を変えるために前に突き進んでいく、そのため剣を振るって相手を倒していく。圧倒的に孤独であって、優しさも寂しさも持ち合わせている。」

と表現しています。

そう考えると、元々は優しい心の持ち主ではあるが、過去の出来事などを通じてその心が壊れてしまっている状態、またはその心を推し殺して、残虐な人物を装っている剣心の様が表現されたタイトルがこの「Broken Heart of Gold」と考えることができるのではないでしょうか。

Sometimes I just wanna quit
(時々、ただやめてしまいたくなるんだ)
Tell my life I’m done with it
(この人生に終わりを告げようって)
When it feels too painful
(特に、辛すぎる時には)
Sometimes I just wanna say
(時々、言いたくなる)
I love myself but not today
(自分のことは好きだけど今日は違うと)
When it feels too painful
(辛すぎる時はね)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しさは終わりさ)
I smash my broken heart of gold
(僕は疲れ切った優しい心を砕く)
I smash my broken heart of gold
(疲れ切った優しい心を砕くんだ)

歌詞を見てみると、葛藤を感じながらも孤独に戦い続けるという切なさがダイレクトに反映されているように感じますよね。

「I smash my broken heart of gold」の部分をいかに解釈するかというポイントは多少意見が分かれる部分かもしれませんが、

可能性としては、「壊れてしまった優しい心をさらに粉々に砕いてしまう主人公」、または、「その壊れてしまった心を砕くことによって優しく変わろうとしている」といった様子がサビの「I smash my broken heart of gold」で表現されているのではないかと推測します。

終わりに

今回はONE OK ROCKの「Broken Heart of Gold」という曲について、その和訳や歌詞の意味を考察してみました。

renegades-3

//『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のストーリー//

動乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍。血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎(ひむらばっとうさい)と恐れられていた。ある夜、緋村は助けた若い女・雪代巴(ゆきしろともえ)に人斬りの現場を見られ、口封じのため側に置くことに。その後、幕府の追手から逃れるため巴とともに農村へと身を隠すが、そこで、人を斬ることの正義に迷い、本当の幸せを見出していく。しかし、ある日突然、巴は姿を消してしまう。<十字傷>に秘められた真実がついに明らかになる−

『るろうに剣心』、そして、親友と呼べるほどの間柄である佐藤健さんとワンオクロックという組み合わせだからこそ、ここまで息の合った曲に仕上がっているとも考えられそうなこちらの「Broken Heart of Gold」。

【ワンオク・Toru】の熱愛彼女、大政絢についてはこちら

映画公開の際には実際に歌詞がどんな場面とリンクして使われているのかも注目のポイントとなりそうですね!

1+

コメントを残す

*
*
* (公開されません)