MAN WITH A MISSION「Left Alive」和訳&歌詞の意味とは?

left_alive01

(出典: https://rockinon.com/news/detail/184477)

スクウェア・エニックスの新作サバイバルゲームのCMソングとして書き下ろされた、MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)の「Left Alive(レフト・アライヴ)」(ゲームソフトの名前も同じく『LEFT ALIVE』)。

境遇の異なる主人公たちが、過酷な戦場で生き延びることを目指すサバイバルアクションゲームという内容に沿っているだけに、その歌詞にも「戦い」や「生き延びること」を連想させる言葉がたくさん使われている印象を受けますね。

そのMAN WITH A MISSIONのボーカルである、ジャン・ケン・ジョニーさんは、

楽曲ヲ作ル前カラゲームノ内容ヲ伺ッテマシテストーリーソノモノヲ非常ニカッコイイ作品ダナト思イマシタ。
ソノ世界ノ一部トシテ我々ノ音楽ガ使ワレルコトニ興奮ト嬉シサヲ隠セマセン。
ゲームノ世界観ニ自分自身モドップリハマリタイトルモコレ以外ナイナ、ト思イマシタ。
自分ノ選択一ツデ未来ハ変ワル。ゲーム同様楽曲ニモソノ意志ヲコメテ作リ上ゲマシタ。

とコメント。

今回は、このジャン・ケン・ジョニーさんの言葉もヒントにして、この「Left Alive」の和訳&歌詞の意味を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

MAN WITH A MISSION「Left Alive」和訳&歌詞の意味とは?

「Left Alive」ー MAN WITH A MISSION
作詞: Jean-Ken Johnny
作曲: Jean-Ken Johnny

We’re the one’s who fight to be alive
(俺たちは生きるために戦う者)

Living in the world where everywhere is the frontline
(すべての場所が戦いの最前線)
(そんな世界で生きている)
We never learn
(俺たちは学ぶことはしない)
The same mistakes we lay aside
(同じような過ちはしまっておけばいい)
The rage the pain the greed the lust and vain
(怒り、痛み、欲望、渇望、空虚)
Are we living on our will or just left alive
(俺たちは自分の意思で生きているのか)
(それとも、ただ生かされているだけなのか)

Can’t stop now hit the core
(もう止まれない 核心をつけ)
Take them down get some more
(奴らを倒せ、もっとくるぞ)
They’re drooling for it brother
(同士よ、奴らはそれを切望しているんだ)
The only thing they want is war
(奴らがほしいものはただ一つ、争いだ)

Don’t stop now hit the floor
(止まるな 今、踏み出すんだ)
Drop that sound give me more
(その音をもっと俺にくれ)
Get ready to take cover
(身を守る準備はできたか)
Yeah One Two Three Four
(さぁ、1・2・3・4)

See the fire is endless now
(この終わりなき炎が見えるだろ)
never had a reason and you know
(それに理由なんてない、お前も分かっているはずだ)
The fate they tell ain’t good enough to lead you anywhere
(奴らが言う運命なんて)
(お前を導くのには不十分だ)
See the fire inside you now
(さぁ、お前の中に灯る炎を見てみろ)
is all you ever need to let it go
(それこそがお前を突き動かすのに唯一必要なものだ)
The path is always yours
to seek out why you’re here alive
(なぜここで生きているのか)
(その答えはお前自身で進む道が示すんだ)

Bleeding in the world where everything’s a dull joke
(すべてがくだらないジョークのような)
(そんな世界で血を流している)
Waiting to burn and ashes fall among the smoke
(燃えるのを待てば、灰が煙に紛れていく)
The truth the lie the justice that they make us buy
(奴らが信じさせようと押し付けてくる真実、嘘、正義)
Are we living on our will or just left alive
(俺たちは自分の意思で生きているのか)
(それとも、ただ生かされているだけなのか)

Can’t stop now hit the core
(もう止まれない 核心をつけ)
Take them down get some more
(奴らを倒せ、もっとくるぞ)
They’re drooling for it brother
(同士よ、奴らはそれを切望しているんだ)
The only thing they want is war
(奴らがほしいものはただ一つ、争いだ)

Don’t stop now hit the floor
(止まるな 今、踏み出すんだ)
Drop that sound give me more
(その音をもっと俺にくれ)
Get ready to take cover
(身を守る準備はできたか)
Yeah One Two Three Four
(さぁ、1・2・3・4)

Future’s just one choice we find
(俺たちには未来という選択肢以外にない)

See the fire is endless now
(この終わりなき炎が見えるだろ)
never had a reason and you know
(それに理由なんてない、お前も分かっているはずだ)
The fate they tell ain’t good enough to lead you anywhere
(奴らが言う運命なんて)
(お前を導くのには不十分だ)
See the fire inside you now
(さぁ、お前の中に灯る炎を見てみろ)
is all you ever need to let it go
(それこそがお前を突き動かすのに唯一必要なものだ)
The path is always yours
to seek out why you’re here alive
(なぜここで生きているのか)
(その答えはお前自身で進む道が示すんだ)

We’re the one’s who will survive yeah
(俺たちは生き残る者)
we’re the one’s who fight to be alive
(俺たちは生きるために戦う者)

Future’s just one choice we find
(俺たちには未来という選択肢以外にない)
Future’s just one choice we find
(俺たちには未来という選択肢以外にない)

See the fire is endless now
(この終わりなき炎が見えるだろ)
never had a reason and you know
(それに理由なんてない、お前も分かっているはずだ)
The fate they tell ain’t good enough to lead you anywhere
(奴らが言う運命なんて)
(お前を導くのには不十分だ)
See the fire inside you now
(さぁ、お前の中に灯る炎を見てみろ)
is all you ever need to let it go
(それこそがお前を突き動かすのに唯一必要なものだ)
The path is always yours
to seek out why you’re here alive
(なぜここで生きているのか)
(その答えはお前自身で進む道が示すんだ)

The path is always yours
to seek out why you’re here alive
(なぜここで生きているのか)
(その答えはお前自身で進む道が示すんだ)

We’re the one’s who will survive yeah
(俺たちは生き残る者)
we’re the one’s who fight to be alive
(俺たちは生きるために戦う者)

スポンサーリンク

終わりに

いかがだったでしょうか。

今回はMAN WITH A MISSIONの「Left Alive」という曲を取り上げてみました。

ちなみに、今回のマンウィズと『LEFT ALIVE』のコラボレーションは、ゲームの中に登場するヴァンツァー(機動兵器)の「ヴォルク」がロシア語で狼を意味することもあり、ゲーム制作チームからのラブコールを受けて実現に至ったというストーリーがあるそうです。

正になるべくして実現したコラボのように、生まれるべくして生み出されたMAN WITH A MISSIONの「Left Alive」。

そのカッコいいサウンドで世界のファンを魅了すること間違いなしでしょう!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)