E-girls「Perfect World」歌詞の意味とは?

perfect_world_01_pic

(出典: twitter.com)

三代目 JSBの岩田剛典さんと杉咲花さんがダブル主演を務める映画、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』。

その主題歌となっている曲が、今回紹介するE-girlsの「Perfect World」。

大人気漫画『パーフェクトワールド』が実写映画化された今回の作品に寄り添う形で書き下ろされた同曲。

歌詞の中にもそのヒロインの心情を感じさせるキュンとくる表現がたくさん詰め込まれているように感じる一曲です。

どんな曲で、映画はどんなストーリーとなっているのか。

今回は、このE-girls「Perfect World」について、その歌詞の意味を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

E-girls「Perfect World」歌詞の意味とは?

「Perfect World」ー E-girls
作詞: 小竹正人
作曲: miwaflower・RuSH EYE

 

そして新しい日が 再び始まってく
あとどれくらい あなたと私
同じ時を 刻めるのでしょう

抱きしめていい? その背中強く
哀しみなんて 消えてしまうほど

愛してあげたい
守ってあげたい
ぬくもりで包みたい

真実(ほんと)の愛を あなたからもらって
世界のすべてが美しくなった
私には 永遠に愛する人がいる

青く晴れ渡った 空の下で
無邪気に あなた微笑むだけで
毎日が眩しく見えるわ
Love in the Perfect World

ちょっと笑ったあと どちらからともなくね
朝まで泣いた事があったね 夜に溺れそうだったよね
出逢った春の 桜の花びら
目を瞑るたび 思い浮かぶのは
恋した瞬間 その瞬間を
忘れはしないから

真実(ほんと)の愛を くれたあなたとずっと
歩いて行く道が険しいとしても
私には 絶対に消えない光がある

最初で最後の人があなたです
だからもう 手離したりはしない
私たち二人だけの夢
Love in the Perfect World

私にはあなた以外 誇れるものなんてない
Moment Moment Every moment I spend with you
うつむかないでね 後ろに私がいる
Moment Moment Love

真実(ほんと)の愛を あなたからもらって
世界のすべてが美しくなった
私には 永遠に愛する人がいる

青く晴れ渡った 空の下で
無邪気に あなた微笑むだけで
毎日が眩しくて
私たち二人だけの夢
Love in the Perfect World

スポンサーリンク

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』のあらすじと歌詞の関係とは?

perfect_world_02_pic

(出典: https://m.tribe-m.jp/Cts/movie/2018/perfect_world/index)

この映画、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』のために書き下ろされたというE-girlsの「Perfect World」。

やはりその歌詞の意味を考えるのに、映画のストーリーを知っておくことはヒントになると思いますので、
以下に現在公開されているあらすじを紹介します。

◯『パーフェクトワールド 君といる奇跡』あらすじ

インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(役・杉咲花さん)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(役・岩田剛典さん)に久しぶりに再会することになります。
しかし樹は、大学生の時の事故が原因で、車イスに乗る生活を送っていました。
最初は戸惑うつぐみ、しかし建築士として前向きに生きる彼と触れ合っていく中で、再び樹への想いをつのらせていきます。
「私は――先輩が好きなんだ、今でも」そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。

一緒にいる幸せを見つけた2人。。。でしたが、やがてある事件が起き。。。
大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは…。

といったお話のようです。

この背景を頭に入れた上で、再度「Perfect World」の歌詞を呼んでみると、
2人の想い、特につぐみの樹に対する強い想いを感じることができるのではないでしょうか。

例えば、

抱きしめていい? その背中強く
哀しみなんて 消えてしまうほど

愛してあげたい
守ってあげたい
ぬくもりで包みたい

という部分は、高校時代に抱いた恋心が蘇ったつぐみでしたが、樹の姿は以前の彼とは少し違っていた。
車椅子の姿になった彼に抱く感情は複雑で、再開できた喜びと同時に、悲しい気持ちにもなったのかもしれません。

でも、「愛してあげたい、守ってあげたい、ぬくもりで包みたい」という表現が、
どんな樹でも大切にしてあげたい。という温かい気持ちがここで表されているのではないかと想像します。

真実(ほんと)の愛を あなたからもらって
世界のすべてが美しくなった
私には 永遠に愛する人がいる

青く晴れ渡った 空の下で
無邪気に あなた微笑むだけで
毎日が眩しく見えるわ
Love in the Perfect World

この映画のトレーラーを見ると、少しストーリーが見えてくると思うのですが、

その中では、付き合いたてと思われる二人が見せる、幸せそうなデートシーンや見つめ合う姿が印象的ですよね。
でも、その一方で周囲からの反対など、試練を予感させるシーン描かれています。

それでも「あなたの愛のおかげで、世界が美しくなる」や、「私には永遠に愛する人がいる」という表現は、
「その試練を二人で乗り越えていく」という、つぐみの決意のような強い気持ちを感じます。

無邪気に あなた微笑むだけで

どんな辛いことがあっても「あなたが微笑むだけで」。とっても素敵な歌詞ですよね。

終わりに

perfect_world_pic_pic

(出典: http://perfectworld-movie.jp/news/)

いかがだったでしょうか。

今回は、2018年10月5日(金)より全国公開となっている、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の主題歌、「Perfect World」の歌詞を考察してみました。

「どんな障壁が待ち構えていても、あなたとなら大丈夫」という、とてもひたむきでピュアな気持ちが詰まっていますよね。

岩田さんと杉咲さんによる、心を揺さぶる感動のラブストーリー『パーフェクトワールド 君といる奇跡』。

この映画がどのように展開していくのかも楽しみにさせてくれる素敵な一曲です。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)