TWICE「I WANT YOU BACK」歌詞(和訳)の意味とは?

twice_02_pic

(https://twitter.com/senseikunshu_m)

映画『センセイ君主』の主題歌となっているTWICEの「I WANT YOU BACK」(ジャクソン5のカバー曲)。

生徒と教師の恋愛を描いたラブコメディーである同映画の内容に合わせて、映画内のシーンやヒロインの気持ちを表現したTIWCEらしいポップなダンスが注目をあつめています。

好きな相手が側にいる時にはその大切さに気付けず、いざ他の人に取られたら「取り戻したい!」となってしまった気持ちが歌われているこの「I WANT YOU BACK」。

ここでは、TWICEの9人によってさらにポップでカラフルなナンバーになっているこの曲の和訳&歌詞の意味について紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

TWICE「I WANT YOU BACK」歌詞(和訳)の意味とは?

「I Want You Back」ー TWICE
(originally by The Jackson 5)
※カタカナver.はこちら

 

Let me tell ya now
(今あなたに伝えさせてほしい)

When I had you to myself
(あなたが私のものだったときは)
I didn’t want you around
(側にいてほしいなんて思ってなかったの)
Those pretty faces always made you stand out in a crowd
(その素敵な顔であなたはいつも
周りからとびぬけてたわ
)
But someone picked you from the bunch
(でも誰かがあなたをさらったの)
One glance was all it took
(一瞬のうちにね)
Now it’s much too late for me to take a second look
(今はもう私があなたと会いたいと思っても
遅すぎることになっちゃった)

Oh baby give me one more chance
(あぁ、もう一度チャンスがほしいの)
(Show you that I love you)
(あなたを愛してるって示すために)
Won’t you please let me
(お願いだからあなたの心に)
(Back in your heart)
(私を戻してくれないかな)
Oh darlin’ I was blind to let you go
(あぁ、あなたを手放した私は
どうかしてたの
)
(Let you go baby)
(あなたを手放すなんて)
But now since I see you in his arms
(でも今あなたはあの人の腕の中)
(I want you back)
(私はあなたを取り戻したいの)

Yes I do now
(そうするのよ)
(I want you back)
(私はあなたを取り戻したい)
Ooh ooh baby
(I want you back)
Ya ya ya ya
(I want you back)
Na na na na

Tryin’ to live without your love
(あなたの愛なしで生きることなんて)
Is one long sleepless night
(長く眠れない夜と一緒)
Let me show you girl
(あなたにちゃんと伝えたいの)
That I know wrong from right
(私が間違っていたってこと)
Every street you walk on
(あなたが歩いていく道に)
I leave tear stains on the ground
(わたしは涙の跡を付けてしまう)
Following the girl
(追いかけているのよ)
I didn’t even want around
(今まではうっとうしいとさえ
思っちゃってたあなたを
)
Let me tell you now
(今ちゃんと伝えさせて)

Oh baby all I need is one more chance
(あぁ、ただただ私が必要なのは
もう一回のチャンス
)
(Show you that I love you)
(あなたに愛しているって示したいの)
Won’t you please let me
(お願いだからあなたの心に
(Back in your heart)
私を戻してほしいの)
Oh darlin’ I was blind to let you go
(あぁ、あなたを手放した私は
どうかしてたの
)
(Let you go baby)
(あなたを手放すなんて)
But now since I see you in his arms
(でも今あなたはあの人の腕の中)

Uh-huh
A buh buh buh buh
A buh buh buh buh
All I want
(私が唯一ほしいものは)
A buh buh buh buh
All I need
(私が唯一必要なものは)
A buh buh buh buh
All I want
(私が唯一ほしいものは)
A buh buh buh buh
All I need
(私が唯一必要なものは)

Oh, just one more chance
(あぁ、たったもう一度のチャンス)
To show you that I love you
(あなたを愛してるって示したい)
Baby!
Baby!
Baby!
Baby!
Baby!
Baby!

(I want you back)

Forget what happened then
(あの時起こったことは忘れてほしいの)
(I want you back)
(私はあなたを取り戻したい)
Let me live again
(もう一度私を蘇らせて)

Oh baby I was blind to let you go
(あぁ、あなたを手放した私は
どうかしてたの
)
(Let you go baby)
(あなたを手放すなんて)
But now since I see you in his arms
(でも今あなたはあの人の腕の中)
(I want you back)
(私はあなたを取り戻したい)

Spare me of this cause
(この境遇から救ってほしいの)
Gimme back what I lost
(失ったものを取り戻させて)

Oh baby I need one more chance ha
(あぁ、もう一度チャンスが必要なの)
I tell ya that I love you
(あなたに愛しているって伝えたいから)

Baby, oh!
Baby, oh!
Baby, oh!
I want you back!
I want you back!

I want you back!
I want you back!

I want you back!

 

(※曲中の取り戻したい相手は「(Girl) 女の子」となっていますが、今回は女性グループのTWICEが歌っているということと、映画のヒロインの気持ちが入っているということもあり、女性目線での翻訳を載せておりますのでご了承下さい。)

「I WANT YOU BACK」について

twice01_pic

(出典: http://dessinee.jp/ddblog/dessineeshop-blog)

映画『センセイ君主』の主題歌にもなっているTWICEが歌う「I WANT YOU BACK」。
時代を超えて歌い継がれる名曲の一つと言って間違いないでしょう。

元々はこの曲の録音当時10歳だったマイケル・ジャクソンがリードボーカルを務める『The Jackson 5(ジャクソン・ファイブ)』が1969年にメジャー・デビュー作としてリリースした楽曲。

数々の音楽の賞に輝くとともに、多くの映画のサウンドトラックとしても登場するため、日本人にもお馴染みの一曲となっていますね。

TWICEの9人は、この「I WANT YOU BACK」について、

「I WANT YOU BACK」のMUSIC VIDEOは、名曲なだけに、すごくワクワクしながら撮影してました!

この曲はジャクソン5さんのカバーですが、私たちの「I WANT YOU BACK」も、とってもPOPでカラフルです!

映画のストーリーにあわせて、センセイの心を射止めるヒロインをイメージして、心に“バーン”と狙い打つしぐさがあったり、キュンとするシーンがたくさんあるこの映画のシーンを表現した部分もポイントになっています!

とコメント。映画の内容も意識されているダンスにも注目です。

スポンサーリンク

気になる歌詞の一部をピックアップ!

「I WANT YOU BACK」(あなたを取り戻したい)という意味になっているこの曲。

全体的に歌われている内容は一度は自分のものだった相手が、誰かに取られてしまった時に、今までの行いを悔み、もう一度相手に会って前の関係を取り戻したいというものです。

いくつかその代表的な歌詞をピックアップして紹介してみたいと思います。

・When I had you to myself, I didn’t want you around
(あなたが私のものだったときは側にいてほしいなんて思ってなかったの)
側にいることが当たり前になると人はその人の大切さに気付けないことがあります。
この歌詞はまさにそのことを表していて、 「want 人 around」(周りにいてほしい)の否定形で、相手のことを少しうっとうしがっていたことを思わせる言葉が使われています。

・I was blind to let you go
(あなたを手放した私はどうかしてたの)
◯「be blind」 : 盲目の状態

直訳してしまうと「あなたを手放してしまうなんて盲目になっていた。」という感じでしょうか。
相手の魅力に気付けずにうっかり他の人のもとへ行かせてしまったという心情を歌っていると考えたらいいでしょう。

・Every street you walk on, I leave tear stains on the ground
(あなたが歩いていく道にわたしは涙の跡を付けてしまう)
◯ tear stains : 涙のシミ

ステインは日本語でもシミの汚れを意味する時に使われる言葉ですが、「涙のシミ」という印象的な表現が出てくるこの歌詞。
失ってしまった相手のことを考えると辛くて、「あなたが歩く道を追いかけて通っては涙を流してしまう。」というニュアンスが出ています。

・Following the girl I didn’t even want around
(今まではうっとうしいとさえ思っちゃってたあなたを追いかけているのよ)

最初の「I didn’t want you around」(側にいてほしいなんて思ってなかったの)と対応していると思われる部分です。
あの時はうっとうしがっていた相手のことを「following」(追いかけている)、という意味ですね。

自分が間違っていたから、ちゃんと伝えるためにもう一度チャンスがほしい。そしてまたあなたを取り戻したい。」というなんとも切ない恋の気持ちがポップな曲調で歌われている一曲ですね。

終わりに

twice_04_pic

(出典: https://www.billboard.com/articles/columns)

いかがだったでしょうか。

今回はジャクソン5の名曲のカバー、TWICEによる「I WANT YOU BACK」を紹介してみました。

大人気俳優、竹内涼真さん演じる弘光由貴(ひろみつ よしたか)と、おバカでパワフルな女子高生ヒロイン・佐丸あゆは(さまる あゆは)役で登場する浜辺美波さんが織り成す恋愛コメディ『センセイ君主』。

この夏TWICEとのコラボで大きな話題となりそうな予感ですね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)