TWICE「Be as ONE」歌詞をパート別で紹介!意味が深くて素敵!

be_as_one02_pic

(出典: http://girlskpop21.blogspot.com/2018/09/twice-1st-bdzbe-as-one.html)

「良い音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる」と言う意味のグループ名で活動するアジアNo.1ガールズグループ・TWICE(トゥワイス)。

9月12日(水)にリリースされた、JAPAN 1stアルバムに収録されているこの「Be as ONE(ビーアズワン)」は、そのタイトルから溢れ出ているONCEへの感謝の気持ちを感じさせる感動のバラードとなっています。

今回はこのTWICE「Be as ONE」について、パート別の歌詞やそのタイトルの意味などを分かりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

TWICE「Be as ONE」歌詞をパート別で紹介!

「Be as ONE」ー TWICE
作詞: Risa Horie
作曲: Kim Seungsoo・Choi Hyun Jun

サナ
はるか遠い道の先に 目指す場所がある
チェヨン
そこから見える世界は どんな景色なのかな
ダヒョン
不安に少し足がすくむけど

ツウィ
耳を澄ませば ほら 聴こえてくるでしょう
モモ
私を励ます その温かい声

ミナ
君がいたから そばにいてくれたから
迷わずに 歩いて来れたの
ナヨン
降り止まない悲しみも 手を取り願えば
怖くない
心ひとつに重ねよう Be as ONE

チェヨン &(ツウィ)
理想とは違う日々に (違う日々に)
たとえ戸惑っても(たとえ戸惑っても)

ダヒョン
微笑みだけは 忘れたりしないと
ジョンジョン
自分に今 約束するの

サナ
不意に君がくれる「大丈夫」はそっと
ナヨン&モモ
私を導く魔法の言葉ね

ジョンヨン
君といるから ひとりきりじゃないから
くじけても 逃げずにいれるの

ジヒョ
高すぎる壁さえも 乗り越え力に変えてゆく
強くなれるよ いくらでもきっと

ダヒョン
未来へと踏み出す その背中
ツウィ
いつの日も 私だけの道標なの
ジヒョ
無数にある可能性を 信じさせてくれた人

ミナ
君がいたから そばにいてくれたから
迷わずに
ミナ&ジヒョ
歩いて来れたの

ナヨン
降り止まない悲しみも 手を
ナヨン&ジヒョ
取り願えば
ナヨン
怖くない
心ひとつに重ねよう Be as ONE

タイトル「Be as ONE」の意味をわかり易く解説!

be_as_one01_pic(出典: https://www.youtube.com/watch?time_continue=62&v=LsSZbRReWNY)

素敵なバラード曲となっているTWICEの「Be as ONE」。

ほとんどの方がお気付きだったと思いますが、
ミュージックビデオでの演出(ファンの意味を意味するONCEがタイトルのONEに変化)もかなり感動的ですよね。

まずのそのタイトルの意味について、分かりやすく解説してみたいと思います。

「Be as ONE」という英語の意味を直訳すると、「一つのようになる」です。
as は文脈によって様々な意味を持つ単語ですが、ここでの意味は「〜ように」と解釈するのが一般的でしょう。

「Be」は「〜になる」、「ONE」は「一つ」を指す言葉ですので、合わせて「一つ(のよう)になる」ということですね。

スポーツの世界など、チームの絆が関係してくることに関しては、この言葉はキャッチコピーとしてもおなじみで、
よく、(チーム)一体となって」や「一致団結する」といったニュアンスで使われる表現にもなっています。

And the world will live as one(きっと世界はひとつになるんだ)
by「Imagine」ー ジョン・レノン

おなじみの名曲ジョン・レノンさんの「イマジン」では上記のように 「as one」が使われてます。
こちらは、「Be」の代わりに「live」となっていますが、意味合いとしては似ていますよね。

とっても一体感を感じさせる言葉で、TWICEの曲のタイトルに使われているのには、TWICEとファンであるONCEの一体感を表現したのではないかと想像できます。

MV冒頭の「全員の名前」&「ONCE」→「Be as ONE」という演出が、正にそのことを物語っているように見えるのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

歌詞にも溢れているTWICEからONEへの感謝のメッセージ!

 

View this post on Instagram

 

TWICEさん(@twicetagram)がシェアした投稿

はるか遠い道の先に 目指す場所がある
そこから見える世界は どんな景色なのかな
不安に少し足がすくむけど
耳を澄ませば ほら 聴こえてくるでしょう
私を励ます その温かい声

まず「このはるか遠いに道の先にある目指す場所」という言葉には、
彼女自身たちが語っていた目標である「”韓国と言えばTWICE”を思い浮かべるような歌手”」という目標への道のりを感じます。

現在、TWICEとして世界を舞台に活躍している彼女たちにもスタートがあった。
そして、その頃から支えてくれているONCEたちの温かい声。

そんなONCEに対する気持ちが、

君がいたから そばにいてくれたから
迷わずに 歩いて来れたの

という言葉で表されているのではないでしょうか。

降り止まない悲しみも 手を取り願えば
怖くない
心ひとつに重ねよう Be as ONE

歌手として第一線を走り続けることは並大抵のことではないし、
辛いこともたくさんある。

だけど、「Be as ONE(一つになって)」、心を重ねたら乗り越えていけるよ。

という彼女たちのメッセージが、この曲の歌詞からは感じ取れますよね。

終わりに

be_as_one03_pic

(出典: https://twitter.com/JYPETWICE_JAPAN/media?lang=ja)

いかがだったでしょうか。

今回はTWICEのJAPAN 1stアルバム『BDZ』に収録されている「Be as ONE(ビーアズワン)」について、パート別の歌詞や、タイトルの意味などを紹介してみました。

日本デビューから今までの未公開のシーンがたくさん詰まったMVが感動を呼んでいるこの「Be as ONE」。

実はこのMVは同アルバム発売記念試写会で初めて上映され、TWICEのメンバーにとってもサプライズだったそうです。

それを観たメンバーの一人である、ダヒョンさんは「本当に感動です」と涙をこぼし、

ミナさんは、
「私もこの曲を聴くといつも涙が出てしまうのですが、この映像を観ていつもONCEが一緒にいてくれていると改めて思いました。ONCEの皆さんの応援のおかげで、本当にたくさんのことをやってこれたなと思います。ありがとうございます」
、とコメントされたんだそうです。

これからもメンバー+ONCEで一丸となって走り続けるTWICE。
今後の活躍からも目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)