Pale Waves「One More Time」歌詞(和訳)の意味とは?

one_more_time01_pic

(出典: https://www.youtube.com/watch?v=Sy-WhOVbKZ8)

今年8月のサマーソニックでは初来日を果たし、日本でも確実に人気を獲得し始めている、
英インディーロック・バンド、Pale Waves(ペール・ウェーヴス)。

この「One More Time」という曲は、9月にリリースされた彼らのデビューアルバム『My Mind Makes Noises』に収録された一曲ですね。

どこか80’sっぽい懐かしさを感じさせるサウンドと、キャッチーなメロディーがクセになるこの「One More Time」。

今回は、この曲の歌詞の意味を和訳と共に紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Pale Waves「One More Time」歌詞(和訳)の意味とは?

「One More Time」ー Pale Waves
Produced by Jon Gilmore

Baby, we used to drive in your car
(あの頃はあなたの車でドライブしてたわね)
What happened to us?
(私たちの間に何が起こったのかしら)
Yeah, we didn’t make it very far
(あの頃は二人、特に何をするでもなかった)
I never thought that we would end up like this
(今こんなふうになるなんて想像もしてなかったわ)
Until you gave me your last kiss
(あなたがわたしに最後のキスをくれるまでは)
We slept on the floor all night
(一晩中、一緒に床で眠って)
I fell in love with you as the seconds went by
(私は一秒ごとにあなたをどんどん好きになっていった)
Can you tell me just what changed your mind?
(何があなたの気を変えさせたのか教えてよ?)

‘Cause you were obsessed with me like we were 17
(だって、まるで17歳のようにあなたは私に夢中になってた)
And you struggled to keep your hands off me
(私からその手を離せなくなってたでしょ)
But now look at us now
(でも今の私たちを見たら)
Somehow we drowned
(どういう訳か一緒に愛に溺れてるの)

I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
Won’t you give me one last night?
(もう一晩一緒に過ごしたいの)
With you, with you
(あなたと、あなたと)

It’s been 3 months now, can we talk it out?
(3ヶ月たった今、ゆっくり話せないかしら?)
How you left me standing outside the front of your house
(どうすることもできず、あなたの家の前で立ち尽くしてた私は)
Saw you through the window crying on the stairs
(階段で泣いてるあなたを窓越しに見てた)
I thought you didn’t care
(あなたは私のこと気にしてないと思ってたけど)

I just wanna pull you close
(私はただあなたを引き寄せたい)
But there’s walls in-between
(でも私たちの間には壁があって。。。)
Can’t we just go back to when we were 17?
(私たちが17の頃の時のように戻れないかしら?)

I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
Won’t you give me one last night?
(もう一晩一緒に過ごしたいの)
With you, with you
(あなたと、あなたと)

I lie awake and think how we used to be, we used to be
(私は眠れない時、横になってかつての私たちのことを考えてる)
And you’d do all the little things that made me weak
(あなたのするちょっとしたことで、私は弱くなっちゃうってことも)
They made me weak
(あなたのことで私は弱くなってしまう)

I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
Won’t you give me one last night with you?
(もう一晩あなたと一緒に過ごしたいの)

I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
Won’t you give me one last night?
(もう一晩一緒に過ごしたいの)
With you, with you
(あなたと、あなたと)
I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
I just want you one more time
(私はただあなたがもう一度ほしい)
Won’t you give me one last night?
(もう一晩一緒に過ごしたいの)
With you, with you
(あなたと、あなたと)

スポンサーリンク

Pawl Wavesってどんなバンド?メンバーを紹介!

eighteen_03_pic

(出典: https://www.clashmusic.com)

『メンバー構成(左から順)』
・Hugo Silvani(ヒューゴ・シルヴァーニ)ー ギター
・Heather Baron-Gracie(ヘザー・バロン・グレイシー)ー ヴォーカル・ギター
・Charlie Wood(チャーリー・ウッド)ー ベース
・Ciara Doran(キアラ・ドラン)ー ドラム

2014年に英マンチェスターで結成されたという『Pale Waves(ペール・ウェーヴス)』。

2017年2月に同じレーベルの同士である『The 1975』のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There’s A Honey」で脚光を浴びると、

MTVが選ぶ有力新人リスト”Brand New 2018″への選出や、今年のNMEアワードにて”最優秀新人賞”に選ばれるなど一躍大注目のバンドに。

日本では露出のメイン媒体がラジオであったにもかかわらず、口コミなどでその知名度を確実に高め、

今年8月のサマーソニックで来日したさいには彼らの音楽を絶賛する声が多くその人気の高さが伺えるライブを披露。

9月にリリースされる待望のデビューアルバムを引っ提げて再来日を期待するファンの声も多く聞かれています。

終わりに

one-more-time02_pic

(出典: https://www.readdork.com)

いかがだったでしょうか。

今回は、英出身の大注目バンド・ペール・ウェーヴスの楽曲の中から「One More Time」という曲を紹介してみました。

「もう一度とあなたがほしい」というキュートな乙女が、
ボーカル・ヘザーの透き通った声で響く素敵な歌ですよね。

サマソニでの大盛況ぶりを受けて、日本でもブレイク必至が叫ばれているペール・ウェーヴスの4人。

今後の彼らの活躍に大注目です!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)