Daniel Powter「Perfect For Me」歌詞(和訳)の意味とは?

perfectforme01_pic

(出典: https://www.kkbox.com)

2005年にリリースした「Bad Day(バッド・デイ)」が世界的な大ヒット記録したことから、日本にも多くのファンを持つシンガーソングライター・Daniel Powter(ダニエル・パウター)。

そんな彼の最新シングルである「Perfect for Me(パーフェクト・フォー・ミー)」は、「常に完璧である必要はないのだから、ミスすることにも寛大でいよう」と語りかけるような、パウター氏らしい素敵な一曲となっています。

「Bad Day」の大ヒットの後生活が一変し、仕事だけでなく家庭においても紆余曲折があったという彼ですが、
今年はアルバムのリリースも予定され、シンガーとしての活動に再び注目が集まっています。

そんなわけで今回は、ダニエル・パウターの「Perfect For Me」について、その和訳と歌詞の意味を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Daniel Powter「Perfect For Me」歌詞(和訳)の意味とは?

「Perfect For Me」ー Daniel Powter

 

I’ve been at the top of the world
(ずっと世界の頂点にいるようだったんだ)
Then fallen off
(そして転げ落ちた)
I had angels in both arms
(両腕には天使がいたけど)
Cameras exposing my heart
(カメラは僕の心を透かしていた)
And I’ve seen so called friends
(そしていわゆる友達呼ばれる人たちは)
Fade away when parties end
(パーティーの終わりとともに消えていったんだ)
They were shallow and phony
(とっても上辺だけで、偽物のように思えた)
They really don’t know me at all
(僕のことなんて本当に全く分かってなかったんだ)

And now I open doors
That were locked for me before
(でも今僕は、以前は閉ざされていた扉を開く)
And I’m not scared to cry anymore
(もう泣くことも怖くはないんだ)

I like to sing in the rain and be outta key
(僕は雨の中、音程なんか気にせずに歌っていたい)
I can dance by myself I don’t need a beat
(リズムがなくても一人で踊ることができるんだ)
I know I’m not perfect
(僕は完璧じゃないし)
Don’t know if I’ll ever be
(これからも完璧な人になれるかなんて分からないよ)
I can laugh at myself when my jokes are lame
(でも今は自分のつまらないジョークにも笑うことができる)
I can fall on my face I’ll get up again
(顔から転げても起き上がることができる)
I know I’m not perfect
(僕は完璧じゃないし)
Don’t know if I’ll ever be
(これからも完璧な人になれるかなんて分からないけど)
That’s perfect for me
(それくらいが僕にとっては本当に丁度いいんだ)

We’ve all been through wars
(僕たちはみんなそれぞれ戦っていて)
All our battles leave the scars
(そのせいで傷跡が残ることになるんだけど)
But they there remind us
(そのキズはきっと思い出させてくれている)
not to define who we are
(自分たちがどんな人間なのか)
(決めつけてはいけないんだと
)

And now I open doors
That were locked for me before
(そして僕は今、以前は閉ざされていた扉を開く)
And I’m not scared to cry anymore
(もう泣くことも怖くはないんだ)

I like to sing in the rain and be outta key
(僕は雨の中、音程なんか気にせずに歌っていたい)
I can dance by myself I don’t need a beat
(リズムがなくても一人で踊ることができるんだ)
I know I’m not perfect
(僕は完璧じゃないし)
Don’t know if I’ll ever be
(これからも完璧な人になれるかなんて分からないよ)
I can laugh at myself when my jokes are lame
(でも今は自分のつまらないジョークにも笑うことができる)
I can fall on my face I’ll get up again
(顔から転げても起き上がることができる)
I know I’m not perfect
(僕は完璧じゃないし)
Don’t know if I’ll ever be
(これからも完璧な人になれるかなんて分からないけど)
That’s perfect for me
(それくらいが僕にとっては本当に丁度いいんだ)

That’s perfect for me
(これくらいが僕にとっては完璧なんだ)

I’ve been at the top of the world
(ずっと世界の頂点にいるようだった)
Then fallen off
(そして転げ落ちた)

I like to sing in the rain and be outta key
(僕は雨の中、音程なんか気にせずに歌っていたい)
I can dance by myself I don’t need a beat
(リズムがなくても一人で踊ることができるんだ)
I know I’m not perfect
(僕は完璧じゃないし)
Don’t know if I’ll ever be
(これからも完璧な人になれるかなんて分からないよ)
I can laugh at myself when my jokes are lame
(でも今は自分のつまらないジョークにも笑うことができる)
I can fall on my face I’ll get up again
(顔から転げても起き上がることができる)
I know I’m not perfect
(僕は完璧じゃないし)
Don’t know if I’ll ever be
(これからも完璧な人になれるかなんて分からないけど)
That’s perfect for me
(それくらいが僕にとっては本当に丁度いいんだ)

That’s perfect for me
(これくらいが僕にとっては完璧なんだ)
That’s perfect for me
(僕にとってはこれでパーフェクトなんだ)

スポンサーリンク

終わりに

ニューシングル「Perfect For Me」について語るダニエル・パウター

この「Perfect for Me」という曲について、パウター氏本人は以下のようなコメントを残しています。

「娘とソーシャル・メディアの写真を見ていた時に、思いついたんだ。僕らは写真では見えない、それほど最高でないときも経験する。僕はそれを書きたかったんだ。物事が完璧にいかない時間をね。誰かとけんかするかもしれないし、つまづいたり、失敗する。僕は人生はそんなに完璧ではないと思う。人生はミスをするっとことなんだと思う。いい写真を撮ることではなくね。欠点や傷や欠陥をもつってこと、それでいいんだ」

インタビューを見て頂けるとよく分かるのですが、パウター氏のメッセージにはとても人間味を感じることができますよね。

「いつも最高じゃなくって大丈夫」、「たまには間違えることもあるし、それを素直に認めてあげられることも大切」。。。

という、とっても彼らしい言葉でこの曲への想いを語っています。

少し躓いた時にそっと励ましてくれる優しい一曲。

この「Perfect For Me」は、一日の終わりに、また明日も頑張ることができるような勇気をくれる素敵なナンバーです。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)