RIRI「HONEY」歌詞(和訳)の意味とは?

riri_01_pic

(出典: https://realsound.jp/2018/10/post-271263.html)

当時まだ高校生だった2018年2月にメジャーデビューを果たしたRIRIさん。

高校卒業後は、ステップアップのためにアメリカ滞在を経験したり、海外の有名アーティストたちが手がけるMVの撮影に挑んだりと、自身の「グラミー賞獲得」という夢に向かって一歩ずつ歩みを進めていますよね。

今回ご紹介する「HONEY」は、2ndアルバム『NEO』のリードトラックとなっている一曲。

この曲は、セレーナ・ゴメス、アリアナ・グランデ、Fifth Harmonyといった名だたるアーティストを手がけるシェーン・スティーブンスと共に制作されたナンバーなのだそうです。

「あなたのハニー(恋人)になりたいの」と歌うRIRIさんの声が胸を打つ、甘く切ないながら何ともカッコイイこの「HONEY」。

今回はこの曲の歌詞(和訳)の意味について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

RIRI「HONEY」歌詞(和訳)の意味とは?

「HONEY」ー RIRI
作詞: Shane Stevens・RIRI・VANYO
作曲: VANYO

All I know is every day and every night
(私に分かるのはこれだけ、毎日毎晩)
You’re the one that’s always sticking with me in my mind
(「あなたが運命の人」、そのことがずっと頭から離れない)

ほんとを知ってくれてるの your eyes
(あなたの目)
真っ直ぐな目で送ってくれるよ合図

All the possibilities, waiting for you & I
(全ての可能性、あなたと私を待っている)
信じてくれる so 強くなれる yeah

I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
プリズムのように honey
輝くyour girl
(あなたのハニー)

I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
誰よりまばゆい honey
輝くyour girl
(あなたのハニー)

Speak to me in languages I’ve never heard
(聞いたこともないような言葉で話しかけて)
There’s a rhythm in your flow and boy I wanna learn
(あなたの中を流れるリズム、私は学びたいの)
きみの背中はboy愛おしいけど
きみのとなりの景色がみたいよ

All the possibilities, waiting for you & I
(全ての可能性、あなたと私を待っている)
置いていかれるシナリオはない

I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
プリズムのように honey
輝くyour girl
(あなたのハニー)

I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
I wanna be your honey
(あなたの恋人になりたいの)
誰よりまばゆい honey
輝くyour girl
(あなたのハニー)

Buzzin’ on me like a bee
(ハチのような音が聞こえるの)
Boy I’ll make you royalty
(あなたを王にするべきだって)
Don’t only wanna be your queen
(私は女王になるだけじゃなくて)
I wanna be your Honey
(あなたのハニーになりたいの)

Buzzin’ on me like a bee
(ハチのような音が聞こえるの)
Boy I’ll make you royalty
(あなたを王にするべきだって)
Don’t only wanna be your queen
(私は女王になるだけじゃなくて)
I wanna be your Honey
(あなたのハニーになりたいの)

スポンサーリンク

終わりに

「HONEY」Behind the Scenes

いかがだったでしょうか。

今回はRIRIさんの「HONEY」という曲について、その和訳を考えてみました。

“honey”(ハニー)という言葉自体は、「蜂蜜(はちみつ)」を意味し、その甘いイメージから恋人など親しい人への呼びかけとして英語ではよく使われている単語です。

歌っている内容としては、少女のような可愛さや恋い焦がれる乙女心が表現されているようにも感じますが、英語と日本語が絶妙に混じっていてRIRIさん独特のかっこよさが印象的な一曲になっているのではないでしょうか。

アメリカのサクラメントで撮影されたというMVからも、アーティストとしてどんどんレベルアップしている彼女の姿を目にすることができるのもファンの方にとっては嬉しいポイントですよね。

夢に向かって成長を続ける若き歌姫RIRIさん。今後の活躍からもますます目が離せません!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)