Anne-Marie「Perfect To Me」歌詞(和訳)の意味とは?

perfect_to_me01_pic

(出典: https://www.shazam.com)

現在間違いなくUKで最も愛されているシンガーの一人、Anne-Marie(アン・マリー)。

躍進を続ける彼女は、今年も人気DJ・Marshmello(マシュメロ)と手を組んだ「FRIENDS」や、来日して日本のテレビでも披露した「2002」といった曲を始めとして、チャート上位を席巻するヒットソングを連発していますよね。

そして、その突出した素晴らしい歌声とは裏腹に、お茶目でユーモラスな性格を持っているのもアン・マリーの大きな魅力。

特に、この「Perfect To Me(パーフェクト・トゥー・ミー)」のような等身大を歌った曲に多くのファンは魅了されています。

「スーパーモデルのように完璧である必要はなくて、素直な自分らしくいられることが私にとってパーフェクト。」

そんなことに気づかせてくれるようなこの一曲。
今回はこの Anne-Marie「Perfect To Me」の和訳を紹介していきます。

スポンサーリンク

Anne-Marie「Perfect To Me」歌詞(和訳)の意味とは?

「Perfect to Me」ー Anne-Marie
Produced by Levi Lennox

Don’t feel like putting makeup on my cheeks
(頬に化粧する気になれないの)
Do what I wanna
(好きなことをしていたい)
Love every single part of my body
(身体のどんなパーツも好きでいたい)
Top to the bottom
(上から下まで)
I’m not a supermodel from a magazine
(私は雑誌に載ってるようなスーパーモデルじゃないけど)
I’m okay with not being perfect
(完璧じゃなくてもいいの)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクトだから)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクト)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクト)

No matter where I go,
(どこにいっても)
everybody stares at me
(みんなから見られてる)
Not into fancy clothes,
(豪華な服じゃなくて)
I’m rocking baggy jeans
(ダボダボのジーンズを着てるって)
Getting too close for comfort,
(ちょっとラフすぎるけど)
but comfort is what I need
(リラックスできることが大切なの)
So I eat my body weight in chocolate and ice cream
(だからチョコレートとアイスクリームで体重が増える)
YEAH
Maybe I bite my nails
(たぶん爪を噛んだり)
and don’t think before I speak
(考える前に口が動くことがあるわ)
Don’t fit in any crowd,
(どんなグループにも溶け込まないし)
don’t ever get much sleep
(十分な睡眠もとらない)
I wish my legs were bigger,
(もし自分の足がもっとでかくて)
bigger than New York City
(ニューヨークよりも大きかったらなって思ったりもする)
And I’ll love who I want to love,
(そして愛したい人を愛するの)
‘cause this love is gender-free
(愛に性別は関係ないから)

Don’t feel like putting makeup on my cheeks
(頬に化粧する気になれないの)
Do what I wanna
(好きなことをしていたい)
Love every single part of my body
(身体のどんなパーツも好きでいたい)
Top to the bottom
(上から下まで)
I’m not a supermodel from a magazine
(私は雑誌に載ってるようなスーパーモデルじゃないけど)
I’m okay with not being perfect
(完璧じゃなくてもいいの)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクトだから)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクト)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクト)

[Verse 2]
Sometimes I wake up late
(たまに遅く起きて)
and don’t even brush my teeth
(歯を磨かなかったり)
Just wanna stuff my face
with leftover mac and cheese
(残りもののマカロニチーズを)
(思いっきり頬張ったりしたくなる)
You know I get depressed,
(私だって落ち込むこともあるの)
are you impressed with my honesty?
(正直でびっくりしたでしょ?)
So I wear what I wanna
(だから好きなもので身を包むの)
‘cause I’m cool with what’s underneath
(下に着てるものがいい感じだから)
HM
I wanna kiss someone that I’ll never see again
(時には二度と合わない人とキスしてみたり)
I wanna go somewhere
and go there with all my friends
(友達みんなとどこかへ遊びにいきたいわ)
I wanna take my family to go and see Eminem
(家族をエミネムに会わせてあげたいとも思うの)
‘Cause my sister’s been in love with him
since like we were 10
(私の妹は10歳の頃から彼の大ファンだから)

[Chorus]
Don’t feel like putting makeup on my cheeks
(頬に化粧する気になれないの)
Do what I wanna
(好きなことをしていたい)
Love every single part of my body
(身体のどんなパーツも好きでいたい)
Top to the bottom
(上から下まで)
I’m not a supermodel from a magazine
(私は雑誌に載ってるようなスーパーモデルじゃないけど)
I’m okay with not being perfect
(完璧じゃなくてもいいの)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクトだから)
Na-na-na, na-na-na, na-na-na (Woo)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクト)
Na-na-na, na-na-na, na-na-na (Woo)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクト)
Na-na-na, na-na-na, na-na-na (Woo, ooh)
That’s perfect to me (Haha, yeah)
(それが私にとってのパーフェクト)
‘Cause that’s perfect to me
(それが私にとってのパーフェクトだから)

スポンサーリンク

終わりに

いかがだったでしょうか。

今回は、Anne-Marie「Perfect To Me」という曲について、その歌詞(和訳)の意味を紹介してみました。

彼女は意識的に、いい日であっても悪い日であっても、それをインスタグラムなどで正直にファンに伝えることをするアーティストとして知られています。

世間一般に美しいと思われているような理想像に惑わされることなく、

//アン・マリーのインスタグラムから一部抜粋//

「Perfect is feeling good. 」
「完璧というのは、自分がいいと感じられること」
「It’s looking at yourself and loving what u see back.」
「鏡に映った自分を見て、その姿が好きであること」

という彼女のインスタグラムにも大きな反響が寄せられています。

かつては自分の体型に悩んでいたことがあるということもインタビューでは語っているアンマリー。

そういった経験があるからこそ、かつての自分と同じ悩みを抱えたファンの人には素の自分を好きでいてほしいという想いが強いそうです。

この「Perfect To Me」は、そんあ彼女にとって最も素直な想いが綴られているナンバー。

きっと多くのファンの心に届いていることでしょう。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)