Nissy「Addicted」歌詞の意味とは?【和訳解説付き】

nissy_addicted_01

(出典: https://www.youtube.com/watch?v=lQH8fZr-H6w)

AAAのメンバーでおなじみのNissyこと西島隆弘(にしじま・たかひろ)さんの新曲、「Addicted(アディクテッド)」。

いつもは爽やかな印象が強いNissy(ニッシー)さんですが、今回の曲はちょっぴり違った大人の雰囲気が漂う軽快なナンバーとなっていますね。

時間を重ねるにつれてソロ活動の規模もどんどん大きくなっていっているNissyさんですが、この曲のMVでも、ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルス、ロンドン、パリという世界5都市で撮影する程の力の力作。映像おいてにも大きな注目が集まっています。

今回は、そんなNissyさんの「Addicted」という曲について、随所に登場している英語の歌詞の解説も交えながら曲の意味を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

Nissy「Addicted」歌詞の意味とは?【和訳解説付き】

「Addicted」ー Nissy(西島隆弘)
作詞: Takahiro Nishijima・宏実
作曲: Chris Meyer・Jonas Mengler

(Am I taking it wrong or right?)
(僕が勘違いしてるだけ、それとも合ってる?)
(How do you feel…)
(どう思ってるの?)

I’m so addicted to you
(僕はとても君に夢中だ)
I’m so addicted to you babe
(僕は君の虜になってるんだよ, babe)

交わって来た時は長いのに
届きはしない「愛してる」のメッセージ Yea
(Am I taking it wrong or right?)
(僕が勘違いしてるだけ、それとも合ってるの?)
(How do you feel deep inside?)
(心の奥底では思ってるの?)
完璧なんて求めてない
(Do you know?)
(分かってくれてる?)
君が生まれて僕と出会って
恋に堕ちただけ

理解なんていらない
(2人の Relationship (関係) )
ただもうやめられない
(鎖の Partnership ())

I’m so addicted to you
(僕はとても君に夢中だ)
(Addicted Addicted)
(まるで中毒のように)
辿り着けない愛
抱いて離さない

歩いてく先に冷めた視線の Enemy ()
ムカついたから 笑顔してみせますから Yea
(Coz everything’s just alright)
(だって、全部がいい感じだから)
(So don’t leave me, stay by my side)
(だから僕を置いて行かないで、そばにいて)
心に従うだけ
(Do you know?)
(分かるでしょ?)
出来事全てに意味があるなら
気持ち良いのだけ頂戴

誰も邪魔できない
(2人の Relationship (関係))
元にはもう戻れない
(鎖の Partnership())

I’m so addicted to you
(僕はとても君に夢中だ)
(Addicted Addicted)
(まるで中毒のように)
辿り着けない愛
抱いて離さない

目眩で倒れそうな時でも
君と触れ合えばすぐ救われたんだ
The moment with you is a gift
(君と過ごす時はまるで贈り物のようなんだ)

「足りない」僕への言葉
「満たすよ」君への言葉

I’m so addicted to you
(僕はとても君に夢中だ)
(Addicted Addicted)
(まるで中毒のように)
辿り着けない愛
身体中感じたい

(Am I taking it wrong or right?)
(僕が勘違いしてるだけ、それとも合ってるの?)
(How do you feel deep inside?)
(心の奥底では思ってるの?)
(Coz everything’s just alright)
(だって、全部がいい感じだから)
(So don’t leave me, stay by my side)
(だから僕を置いて行かないで、そばにいて)

I’m so addicted to you
(僕はとても君に夢中だ)
(Addicted Addicted)
(まるで中毒のように)
辿り着けない愛
抱いて離さない

スポンサーリンク

Nissy「Addicted」に出てくる英単語&英語フレーズをチェック!

nissy_addicted_02

(出典: http://www.billboard-japan.com/d_news/image/71652/3)

・「addicted」

曲のタイトルにもなっているこの「addicted」という言葉の意味は 、
“中毒” であったり “中毒者” を意味する時によく使われます。

例を挙げると、He is addicted to cigarettes? (彼はタバコの中毒です。)
などが分かりやすいのではないでしょうか。

また、この「中毒」というイメージから、この言葉は恋愛においてもよく使われ、“中毒”になるくらいその相手に夢中になっているという表現で登場することが多いですね。

I’m so addicted to you.  (僕はとても君に中毒になっている=君に夢中) 。

今回の曲の場合は正に、「君に夢中だ」というニュアンスで使われていますよね。

・「Am I taking it wrong or right?」

この歌詞の訳としては、(僕が勘違いしてるだけ、それとも合ってる?)という言葉を載せています。
・get it wrong や take it wrongには、「(相手の言葉などを)誤って受け取る」というところから「勘違いしてる」という意味があります。

そして、「take it wrong = 勘違い」の反対が「take it right = (相手の意図を)正しく受け取っている」というわけですね。

全体を通して見てみると、この曲では、

交わって来た時は長いのに
届きはしない「愛してる」のメッセージ Yea

辿り着けない愛

など、自分の愛が相手に伝わっていないかのような表現が所々に出てきています。

想像するに、相手は思わせぶりの態度を取っていて「僕」にとっては本当に僕のことを好きなのか、それとも自分が勘違いしてるだけなのか分からない。その部分をこの「Am I taking it wrong or right?」で表しているのではないかと思うのです。

・How do you feel deep inside?

最後にもう一つ、「deep inside」という言葉が出てくるこのフレーズにも触れておきたいと思います。
直訳をすると「中の深い部分」

「How do you feel?」(君はどう感じているの?)という言葉にくっついていますので、「心の奥底では、君はどう感じているの?」くらいが訳としては良いのではないかと考えました。

中毒になるほど愛おしく感じている相手に対して、自分の気持ちは伝わっているのか分からない。

そんな想いから、ここでは「相手の心の奥底で感じる気持ちを教えてほしい」という言葉が使われているのだと想像します。

ちょっぴり大人な愛を感じるこの一曲。
使われている英語の表現を踏まえてもう一度聴いてみると、また違った印象を受けるかもしれませんね!

終わりに

nissy_addicted_03

(出典: https://qetic.jp/music/nissy-190110/306503/)

いかがだったでしょうか。

今回はNissyの「Addicted」という曲について、和訳付きで歌詞の意味を考察してみました。

歌手に俳優と多忙を極めるNissyさんですが、今年の2月4日・“Nissyの日”には、今回紹介した「Addicted」も収録されている自身初のベストアルバム『Nissy Entertainment 5th Anniversary BEST』発売。

さらには3月17日からスタートとなる日本人男性ソロアーティスト史上最年少での4大ドームツアーも控えているそうです。

2019年も更なる飛躍の年となりそうなNissyさん。これからの活躍も楽しみにしたいですね!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)