「きみのみかた」(きゃりーぱみゅぱみゅ)の歌詞の意味・解釈とは?

 

Kyari_02_pic

(http://www.cdjournal.com/main/news/kyarypamyupamyu/78749)

先日、25歳のバースデーインベントで発表された「きみのみかた」。
きゃりーぱみゅぱみゅさんのイメージにピッタリな明るくポップな仕上がりになっていますね。

パフュームの楽曲プロデューサーとしてもよく知られる中田ヤスタカさんにプロデュースされてデビューした2011年から国内にとどまらず海外でも大成功を収めているきゃりーさん。

彼女独自の世界観を持ったファッションなどはアメリカの歌姫、アリアナ・グランデにも注目されていますよね。

そんなきゃりーさんの、約一年ぶりとなる曲となった今回の「きみのみかた」。

その歌詞の意味(解釈)について見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

「きみのみかた」(きゃりーぱみゅぱみゅ)の歌詞の意味・解釈とは?

「きみのみかた」ー きゃりーぱみゅぱみゅ
作詞: 中田ヤスタカ
作曲: 中田ヤスタカ

3・2・1
カモン

期待のリップサービスに
応えるにっこりのテック
Why?とCan’tさえご法度
息苦しい、頼もしい?
ないないありえないって
言い切れない
ファッションwithちょっとBrave
とがったフルーツみたいなグルーブ
甘いキック、きみが好き

最初の波紋たてる
ザワザワ慣れない感じ
ふむふむでもね(違うなでもね)
少数派は見えない
掻き消されないメロディー

3・2・1
カモン

ぼくはきみのみかた
誓ったあの日から
永遠 祈りの 100年先も
ぼくはきみのみかた
全てを変えてく
勇気がトリガー
最後の一人が
ぼくはきみのみかた
未来が読めれば
何を守りたい?
1000年先も
ぼくはきみのみかた
儚い希望か
信じてみないとスタートじゃない

トップのトピックご覧に
同調コメントばかり
ふむふむでもね(違うなでもね)
少数派は見えない
掻き消されないメロディー

3・2・1
カモン

ぼくはきみのみかた
誓ったあの日から
永遠祈りの100年先も
ぼくはきみのみかた
全てを変えてく
勇気がトリガー
最後の一人が
ぼくはきみのみかた
未来が読めれば
何を守りたい?
1000年先も
ぼくはきみのみかた
儚い希望か
信じてみないとスタートじゃない

期待のリップサービスに
応えるにっこりのテック
Why?とCan’tさえご法度
息苦しい、頼もしい?
ないないありえないって
言い切れない
ファッションwithちょっとBrave
とがったフルーツみたいなグルーブ
甘いキック、きみが好き

曲を聞いた時の印象はメッセージ性が強いというよりは、非常にポップで韻を踏んでいるところが聴いていて心地よい印象です。

とがったフルーツみたいなグルーブ

だったり、

勇気がトリガー
最後の一人が

のような中田ヤスタカさんらしいポップな音楽に合っていて心が軽くなるような気がします。

「ぼくはきみのみかた」というタイトルが付いているということで、
その方向から意味を考えてみると、

ぼくはきみのみかた
誓ったあの日から
永遠祈りの100年先も

ぼくはきみのみかた
全てを変えてく
勇気がトリガー
最後の一人が

儚い希望か
信じてみないとスタートじゃない

という歌詞の中には、何年たっても「きみのみかた」でいることや、信じることから未来は変わっていくというメッセージが入っているようにも聞こえますね。

もう一つ面白い歌詞だなぁと思ったのが、
少し社会性を感じる以下の部分。

最初の波紋たてる
ザワザワ慣れない感じ

トップのトピックご覧に
同調コメントばかり

ふむふむでもね(違うなでもね)
少数派は見えない
掻き消されないメロディー

掻き消されないメロディーで何を表現しているのかは分かりませんでしたが、
「少数派は見えない」という部分には、人と同じではなくてもいいし、尖った部分があってもいい。

それでも僕は君の味方だよ。と言いたいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

終わりに

Kyari_01_pic

(出典: http://asbs.jp/news_detail/6587/)

世界中の多くのファンを魅了し続けている彼女は2018年も自身4度目となるワールドツアーを予定するなど、忙しい日々が続く模様。
今年も、ヨーロッパやアメリカを中心に彼女独自の世界観で築いた日本文化を広めていってくれそうですね。

きゃりーぱみゅぱみゅさんらしい音が表現されている今回の曲、「きみのみかた」ですが、
実は、今までよりもかなり大人っぽく見える、きゃりーさんのジャケット写真も注目されています。

独特なファッションが「かわいい」と評判のきゃりーさんですが、「キレイ」な女性の一面も合わせてチェックしたい作品ですね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)