MONKEY MAJIK&岡崎体育「留学生」の歌詞がすごい!その意味とは?

ryugakusei_02

(出典: https://www.youtube.com/watch?v=ijO6-EpGWj8)

MONKEY MAJIKと岡崎体育さんという、お互いに個性溢れるアーティスト同士がコラボしているということで大きな注目を集めている楽曲・「留学生」。

そのテーマはずばり、「日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語」なのだそうです!

ラブソングとなっている英語の歌詞と、留学生あるあるが歌われた日本語の歌詞が同時進行していくというちょっぴり変わったテイストとノリノリのダンサブルサウンドがくせになりそうなこの「留学生」。

今回は、こちらの一曲の生まれた背景と、その歌詞の意味について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

MONKEY MAJIK × 岡崎体育「留学生」の歌詞がすごい!その意味とは?

「留学生」ー MONKEY MAJIK × 岡崎体育

作曲:Maynard・Blaise・岡崎体育
作詞︰Maynard・Blaise・TAX・岡崎体育

You’re out a sight (うるさい)
Yeah, hold me tight (アホみたい)
Why don’t you and me go home tonight
(ご飯出ない)
Walked around the world
(わからんわ)
And now I gotcha (えらいこっちゃ)
Gonna be with you, chill down all through the night
(冗談通じない)

All I know is that I love you babe
不安な日々送る 捨て猫のように
Never forget you, never babe
人見知り いつもしてんな もったいない

You gotta stay (留学生)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
It’s better never talkin’ ’cause it’s no good
(ベッドに寝るとき靴脱ぐ)
You gotta stay (留学生)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
I messed up, should’ve known last time I met ya!
(味噌汁飲みたいわ めっちゃ)

Hey ho…
風呂場なんてない
かまへんよー
でもシンクはめちゃでかい
Hey ho…
風呂場なんてない
かまへんよー
でもシンクはめちゃでかい

陽気な愛を拒んだ
でも泣き寝入りはもう御免だ
しょうがない まぁいいかで片付けんな
立ちはだかる言葉の壁
そもそも何で俺ここにおんねん
呑気に退屈な毎日
とても充実してるとは言えんがな
こんなもん望んでた理想とは違うんだもん

All I know is that I love you babe
いいんや ひとりでもやったるがな
Never forget you, never babe
でもやっぱ不安だもん 気まじぃな 辛ぇ

You gotta stay (留学生)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
It’s better never talkin’ ’cause it’s no good
(ベッドに寝るとき靴脱ぐ)
You gotta stay (留学生)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
I messed up, should’ve known last time I met ya!
(味噌汁飲みたいわ めっちゃ)

Hey ho…
ハンバーガーめちゃでかい
食えへんよー
しかもチップも取るんかい
Hey ho…
ハンバーガーめちゃでかい
食えへんよー
しかもチップも取るんかい

You gotta stay (留学生)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
It’s better never talkin’ ’cause it’s no good
(ベッドに寝るとき靴脱ぐ)
You gotta stay (留学生)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
I messed up, should’ve known last time I met ya!
(味噌汁飲みたいわ めっちゃ)

スポンサーリンク

「留学生」という曲はどうやって生まれたの?

まずこの「留学生」という曲が生まれることとなった経緯について触れておきましょう。

上のツイートにもあるように、MONKEY MAJIKと岡崎さんがコラボするきっかけになったのは、メンバーのメイナードさん(vo&g)と岡崎さんがNHK連続ドラマ小説『まんぷく』で共演したことだったそうです。

もともと岡崎体育さんのファンだったというメイナードさんは、この撮影後にコラボをアプローチ。お互いのライブに足を運びながら曲のコンセプトを詰めていったことが明かされています。

そしてこの記事の冒頭でもご紹介しましたが、曲のテーマとなっているのは、

「日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語」

サビに登場する「You gotta stay」=「留学生」に聞こえることにヒントを得て、そこから全体の歌詞が決められていったとのことです。

ところで、このテーマを聞いて岡崎体育さんのファンの方であれば、真っ先に思い浮かぶ曲があるはずですよね。。。

それが↓の「Natural Lips」。

この曲があっての今回の「留学生」ということで、

ファンの方の間では、「Natural Lipsの逆バージョン!?」という声も上がってるようです。

MONKEY MAJIKのメイナードさんは、この「留学生」という曲について、

「日本語を聴いても、英語を聴いてもふたつの世界が楽しめるトリックソングに仕上がりました! 何度も繰り返し聴いてください」

とコメント。その歌詞を少し見ていくことにしましょう。

You gotta stay (留学生)
(ここにいてくれよ)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
(僕は君がここに必要なんだ)
It’s better never talkin’ ’cause it’s no good
(ベッドに寝るとき靴脱ぐ)
(おしゃべりなんてしなくていい)
(だって良いことにはならないから)
You gotta stay (留学生)
(ここにいてくれよ)
Hey, I need you here babe (部屋20平米)
(僕は君がここに必要なんだ)
I messed up, should’ve known last time I met ya!
(味噌汁飲みたいわ めっちゃ)
(僕がやらかしちゃったって)
(この前君に会った時に知っとくべきだったよ)

日本語に聞こえる英語がメインで構成されているこの「留学生」の歌詞ですが、サビの部分以外にも、

風呂場なんてない
かまへんよー
でもシンクはめちゃでかい

風呂場はないのにやたらでかいシンクや、

ハンバーガーめちゃでかい
食えへんよー
しかもチップも取るんかい

デカすぎるハンバーガーやチップの文化(チェーン店ではあまり無い気もしますが、)など、

海外の生活(アメリカ)で留学生が一度は感じたことがあるであろう内容が歌われているのも面白いポイントになっているのではないでしょうか。

終わりに

Ryugakusei_01

(出典: https://www.m-on-music.jp/0000330171/)

今回はMONKEY MAJIKと岡崎体育さんがコラボした話題の一曲・「留学生」を取り上げてみました。

最近何かとコラボ作の多いMONKEY MAJIK。記憶に新しいものでは、お笑い芸人サンドウィッチマンのネタから発展した「ウマーベラス」というSNS上でバズりまくった曲もありましたよね。

そんな「ウマーベラス」に引き続き、コミカルで学生たちの遊び心もくすぐりそうなこの「留学生」。

ぜひ何度も聞き返して、楽しんでほしい一曲です!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)