ロザリーナ「タラレバ流星群」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

Rosarina01_pic

(出典: http://lozareena.com/)

印象に残る素敵な歌声と独特の世界観を持つ大注目のシンガーソングライター、ロザリーナさん。

彼女のメジャーデビュー・シングルとなった「タラレバ流星群」は、誰もが共感できる「タラレバ」の思いとロザリーナさんらしさが溢れる幻想的な歌詞が印象的なナンバーです。

生きていれば誰でも抱く「もし〜だったら」、「あの時〜していれば」といった過去の後悔について優しく包み込んでくれるロザリーナさんの「タラレバ流星群」。

今回はその歌詞の意味や曲に込められた想いについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ロザリーナ「タラレバ流星群」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

「タラレバ流星群」ー ロザリーナ
作曲: ロザリーナ
作詞: ロザリーナ

思えば違う夢もあったのさ
あんなに悩んで
決めたのに ふいに思い出し
もしもを無限ループ

満たされない
今以上を過去の可能性から探っても
失いたくないよ any more
今だって悪くないや

Shooting star 一筋のlife
タラレバの流星群
どれも綺麗で1つを選べなくて
見とれてしまうけれど
願えば叶いそうな 輝く真っ直ぐの光が
心に流れてる 答えは僕の中

babe 君と出会って恋をした
悩み事はもう君との事ばかりさ

複雑に考えても
まるで単純と思うほど変わる
誰かの中の1人だったそれが今君は特別

違った道だったら何を失うのかな
どれだけ戻ってやり直せば気がすむのかな
でも君のいない世界にはもう戻れない
戻りたくない
迷わないでマイセルフ
失わぬように

きっと他の人生でも思うタラレバ誰でも
何かを手に入れたら何を失える?
全ては手に入らない
それぞれの輝きがある
これでも誰かが見た時
一番輝くモノになれたらいいな

Shooting star 一筋のlife
タラレバの流星群
たまにはミステイク
でもワンステップ大きくなって
そして繋がってく
出会った人全てに
そして君といる今が
全てで そうマイライフ
あの光のように

タイトルの「タラレバ流星群」の意味とは?

特徴的なタイトルが目を引くロザリーナさんのデビュー曲。

タイトルになっている「タラレバ流星群」の意味を考えてみましょう。
流星群といえば、一群の流れ星のことですが、ロザリーナさんの曲中ではこの流れ星を”人の人生”や”その人の選択肢”に例えたように思える表現がいくつか出てきます。

Shooting star(流れ星)
一筋のlife

タラレバの流星群
どれも綺麗で1つを選べなくて
見とれてしまうけれど

もしもあの時〜だったら、もしあの時の〜していれば、自分の今は変わっていたかもしれない。
あんな人生やこんな人生もあったのではないか、という感情は誰でも抱く自然なものだと思います。

個人的にロザリーナさんらしくてすごく思い浮かぶ情景がキレイに思えるのは、
自分の人生だったかもしれない選択肢を1つの流れ星に例えて、どれも綺麗で選べない(どの人生にもいいところがある)と歌っているところかなぁと思います。

スポンサーリンク

「タラレバ流星群」が伝えようとしているメッセージとは?

Rosarina03_pic

(出典: https://www.barks.jp/news/?id=1000140163)

(仮に伝えようとしていることがあるならば)ロザリーナさんが、「タラレバ流星群」で伝えようとしているメッセージはどのようなことが考えられるでしょうか。

EDMの効果音が心地よく響いている曲のブリッジ(間奏)の部分の歌詞は以下のようになっています。

きっと他の人生でも思うタラレバ誰でも
何かを手に入れたら何を失える?
全ては手に入らない
それぞれの輝きがある
これでも誰かが見た時
一番輝くモノになれたらいいな

曲の中でも大きく盛り上がる部分に位置する歌詞からは、「人生でどんな選択肢を選んでもその道にしかない輝きがある。それを大切にして、輝いていきたい」、という想いが伝わってきますよね。

曲の中では、好きな相手が出てくる場面がありますが、

違った道だったら何を失うのかな
どれだけ戻ってやり直せば気がすむのかな
でも君のいない世界にはもう戻れない
戻りたくない

とあるように、この特別な人に出会えたのも、今までの過去の選択があったから。
後悔して変えたい過去があったとしても、今の視点で見れば、彼を失う(彼と出会っていない)ということは考えられない。
悪いこともあるかもしれないけど、絶対に良いこともある。
だから「迷うことなく自分の選んだ道を信じていこうよ」、と前向きに考えさせてくれるメッセージを送っているように思えますね。

終わりに

いかがだったでしょうか。

かわいいルックスに隠された彼女の深い考えに共感されられる一曲、「タラレバ流星群」。

ロザリーナさんは、過去にキングコング西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプぺル』のテーマ・ソングを歌った際にもその声と素敵な歌詞で話題となった人物です。

Rosarina02_pic

(出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A/dp/B01M3MN0G6)

西野さんからは「天才」と言われるほどその才能が注目されているアーティストですね。

今後どのような活躍を見せてくれるのか、これからのロザリーナさんに注目です。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)