King&Prince(キンプリ)「シンデレラガール」歌詞の意味とは?

King&Prince(キンプリ)「シンデレラガール」歌詞の意味とは?

(出典:https://entertainmentstation.jp/news/196316)

大ヒットドラマ『花より男子』の新章として4月から始まるドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』の主題歌に抜擢されたKing & Princeの「シンデレラガール」。

King & Princeからも平野紫耀さんがドラマに出演していて、大ヒット間違いなしの予感。

そんなKing & Prince「シンデレラガール」の歌詞(和訳付)の意味について考察したいと思います。

スポンサーリンク

King & Prince「シンデレラガール」歌詞の意味とは?

King & Prince「シンデレラガール」

作詞: 河田総一郎
作曲: 河田総一郎・佐々木望
編曲: 船山基紀

キミは シンデレラガール
My precious one
僕のかけがえのない大切な人
You’re the only flowering heroine
(※キミは唯一の花咲くヒロイン
どんなときも ずっとそばで
まぶしい その笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける
I wanna be your sunshine (sunshine)
ボクはキミの太陽になりたい
Because your smile has the magic
(キミの笑顔には魔法の力があるから)
I wanna always be your sunshine (sunshine)
(ボクはいつもキミの太陽でいたい
Always makes me happy!!
(キミは)いつもボクを幸せにしてくれる

PM11時間近の にぎわう街並みに
まだサヨナラ言うには
全然早すぎるのに

わりと門限きびしいって
そんなのちゃんと分かってるって
だけどやっぱいざとなると
帰したくない
次に会える約束も
そこそこに駆け出す人
長い階段駆け上がって 人波に消える

キミは シンデレラガール
My precious one
ボクのかけがえのない大切な人
You’re the only flowering heroine
※キミは唯一の花咲くヒロイン
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける
I wanna be your sunshine (sunshine)
ボクはキミの太陽になりたい
Because your smile has the magic
(キミの笑顔には魔法の力があるから)
I wanna always be your sunshine (sunshine)
(ボクはいつもキミの太陽でいたい
Always makes me happy!!
(キミは)いつもボクを幸せにしてくれる

キミが思うより ボクはキミを想ってる
キミはボクが思うよりも
ねぇボクを想うのかな?

だれもがみんな嘆いてる
“恋の魔法には期限がある”
“時がたてば 宝石もガラス玉さ”
もしもそんな日が来たって
キミは朝の光にかざして
それを耳元に飾るだろう
ボクはまたキミに恋するんだろう

AM0時の鐘を聴く頃に キミはどんな夢見てる?
もしもボクに魔法がつかえたなら
夜空越えて 会いに行けるのに…

キミは シンデレラガール
My precious one
ボクのかけがえのない大切な人
You’re the only flowering heroine
※キミは唯一の花咲くヒロイン
どんなときも ずっとそばで
ボクの心 灯しつづけて

キミは シンデレラガール
My precious one
ボクのかけがえのない大切な人
You’re the only flowering heroine
※キミは唯一の花咲くヒロイン
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける
I wanna be your sunshine (sunshine)
ボクはキミの太陽になりたい
Because your smile has the magic
(キミの笑顔には魔法の力があるから)
I wanna always be your sunshine (sunshine)
(ボクはいつもキミの太陽でいたい
Always makes me happy!!
(キミは)いつもボクを幸せにしてくれる

I wanna always be your King & Prince
いつもキミのKing & Princeでいたい

まず始めに少し英語表現を確認しておきましょう。

precious・・・「大切な、かけがえのない」
flowering・・・「花の咲いている、開花、全盛期」
heroine・・・「ヒロイン、女性の主人公」
sunshine・・・「太陽の光、日光」

My precious one
ボクのかけがえのない大切な人

My precious one は特に大切な人を指す時に用いられる言葉ですね。「one」 は通常、ひとつの「人やモノ」を表すことができる単語ですが、precious one という単語の組み合わせでは、人のケースが圧倒的に多いでしょう。
和訳では、「ボクのかけがえのない大切な人」とさせて頂きました。

You’re the only flowering heroine
(※キミは唯一の花咲くヒロイン

1番頭を悩ませたのが、この「flowering heroine」です。

英語表現ではあまり見かけませんので、造語なのかなとも思われます。
ですが、King & Prince「シンデレラガール」の歌詞について言えば、一貫して好意を抱く相手に対する言葉が並んでいますので、自分にとって1番輝いているヒロインを花に例えて、「花咲くヒロイン」と歌っていると解釈しました。

I wanna be your sunshine (sunshine)
ボクはキミの太陽になりたい
Because your smile has the magic
(キミの笑顔には魔法の力があるから)
I wanna always be your sunshine (sunshine)
(ボクはいつもキミの太陽でいたい
Always makes me happy!!
(キミは)いつもボクを幸せにしてくれる

「ボクはキミにとっての太陽でいたい。」というボクの想いと、「キミの笑顔」やキミがボクにとってどんな存在なのかという歌詞が交互になっているこの部分。

Because your smile has the magic
(キミの笑顔には魔法の力があるから)

は直訳すると、キミの笑顔は魔法を持っているから。。。これだと少し日本語っぽくないので、「魔法の力がある」くらいの訳がいいのかと思います。

そして、この魔法の力がボクにどんな効果をもたらしてくれているのかが、

Always makes me happy!!
(キミは)いつもボクを幸せにしてくれる

の部分になっているのだと思います。

(Your smile または The magic)always makes me happy!!と捉えるのが自然な流れでしょう。
キミの笑顔(魔法の力)はいつもボクを幸せにしてくれるという意味ではないでしょうか。

歌詞全体を通して言えることですが、使われている英語もとても素敵な表現ですよね。

 

それでは、その他の歌詞を見ていきましょう。

歌詞全体を通してひしひしと伝わってくる、大好きな「キミ」に対する想い。

いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける

本気になった人にしか言わないであろうこのセリフ。
強い気持ちが感じられますね。

PM11時間近の にぎわう街並みに
まだサヨナラ言うには 全然早すぎるのに

わりと門限きびしいって そんなのちゃんと分かってるって
だけどやっぱ いざとなると帰したくない
次に会える約束も そこそこに駆け出す人
長い階段駆け上がって 人波に消える

まさにシンデレラという感じの歌詞。
帰らなきゃいけないって頭では分かっていても、一緒に居たい気持ちが溢れ出てきてしまう。
でも帰らないといけない。このじれったい感じが更に「好き」を加速させているような気がします。

 

どんなときも ずっとそばで
ボクの心 灯しつづけて

キミがそばに居てくれるだけでボクの心の原動力になる。
ボクにはキミが必要なんだと言っているような感じがします。

この曲、最後辺りまでは一人の大好きな人に向けて送るラブソングなのかと思っていたのですが、
最後の最後にそれだけではないんだと思わせる重要な歌詞があります。

I wanna always be your King & Prince

(いつもキミのKing & Princeでいたい)

そう、この曲は大好きな人へのラブソングであると同時に、ファンへ向けてのメッセージなのではないでしょうか。いつもファンの皆さんのKing & Princeでいたい。
大好きな人を思うようにファンの皆さんのことを思っていますというメッセージなのかもしれませんね。
とても素敵ですね。

スポンサーリンク

King&Prince、メンバー紹介と結成までの道のり!

kingandprince01_pic

(出典: https://twitter.com/repo_kpkp/status/953509777048453121)

今大注目のジャニーズグループ、King&Princeの6人。

もともとは、2015年に開催されたとあるイベントの応援サポーターに就任し、「Mr.King vs Mr.Prince」として発足したのが彼らの始まりです。

イベント後はそれぞれ「Mr. KING」と「Prince」に分かれてしばらく活動した後、2017年に平野紫耀さん、永瀬廉さん、髙橋海人さんの3人からなる「Mr.KING」と、岸優太さん、岩橋玄樹さん、神宮寺勇太さんの3人からなる「Prince」が再び1つなります。

どんな経緯で6人揃ってのデビューに至ったのか、ここで少しKing&Priceのメンバー紹介とユニット結成までの道のりを見ていくことにしましょう。

「King&Price」のメンバー紹介

・Mr. KING出身の3人 (平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人)

平野紫耀(ひらの しょう)

Hirano01_pic(出典: https://www.instagram.com/p/BjL8CwnHBd0/?hl=ja&tagged=平野紫耀)

愛称: ひらのん
メンバーカラー: 真紅
生年月日: 1997年1月29日
出身地: 愛知県名古屋市
身長: 171センチ
血液型 : O型

永瀬廉(ながせ れん)
Nagase01_pic
(出典: http://yumeijinhensachi.com/archives/14181)

愛称: れんれん
メンバーカラー: 漆黒
出身地: 東京都

生年月日: 1999年1月23日
身長: 173.5センチ
血液型: O型

髙橋海人(たかはし かいと)

Takahashi01_pic

(出典: https://twitter.com/Prince_1917/status/628079294917443584)

ニックネーム: かいくん、かいちゃん
メンバーカラー: ひまわりイエロー
出身地: 神奈川県
生年月日: 1999年4月3日
身長: 173.5センチ
血液型: A型

・「Prince」出身の3人(岸優太・岩橋玄樹・神宮寺勇太)

岸優太(きし ゆうた)

Kishi01_pic

(出典: https://twitter.com/Prince_1917/status/628078384124301312)

愛称: キッシー
メンバーカラー:
出身地: 埼玉県
生年月日: 1995年9月29日
身長: 167センチ
血液型: A型

岩橋玄樹(いわはし げんき) 

Iwahashi01_pic

(出典: http://besty.jp/curation/15700/)

愛称: いわげん、いわち
メンバーカラー: 濃いピンク
出身地: 東京都杉並区
生年月日: 1996年12月17日
身長: 165センチ
血液型: O型

神宮寺勇太(じんぐうじ ゆうた)

Jinguji01_pic

(出典: http://chibagreen2430.hatenablog.com/entry/2017/10/30/180138)

愛称: ジンくん、じん
メンバーカラー: ターコイズブルー
出身地: 千葉県
生年月日: 1997年10月30日
身長: 175センチ
血液型: O型

King&Prince(キンプリ)結成までの道のりとは?

キンプリは当初、夏の一大イベントである「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION」(2015年開催)を盛り上げるために期間限定で発足した応援サポーターのユニットでした。

当時付けられたグループ名は「Mr.King vs Mr.Prince」。

関西で活躍する「Mr.King」と東京で活躍する「Mr. Prince」が競い合って切磋琢磨していくように、「東vs西」のような名前だったのですね。

このイベントから少し時を経てグループは分裂し、「Mr. KING」と「Prince」に別れ、それぞれ舞台などで活躍していました。

そして迎えた2017年、この時Mr.KING側のメンバーとして活動していた平野紫耀さんは、将来の自分たちのイメージとして、「歌も踊りもバラエティも芝居も、いろんなことができて、長きにわたって愛されるグループ」という像を思い描きます。
デビューするにあたって、もっといろんなアイディアや才能、キャラクターを揃えて、面白いグループにしたい

そんな紫耀さんの考えの元、「Mr.King vs Mr.Prince」として一緒に活動していたメンバーが再び集結し、
話し合いの結果、ジャニー社長へ直談判することに。この熱意が見事に実り、6人グループでのデビューが実現したのです。

デビューに伴って、ユニット名は「Mr.King vs Mr.Prince」から、「一緒に協力して頑張っていこう」という意味の「&」が用いられ「King & Prince」へ変更。

また、デビューする際には新レーベルであるJohnnys’Universe(ジャニーズユニバース)を設立するという、KinKi KidsとKAT-TUNに次ぐ異例のデビューが話題となり、これからの6人の活躍にますます期待が高まっています。

終わりに

(出典:https://youtu.be/THKXgT_tftQ)

今回はKing & Prince「シンデレラガール」の歌詞について考察しました。いかがだったでしょうか。

イケメン6人組にこんな曲を歌われたらキュンキュンしちゃいますよね。

ドラマの主題歌に抜擢され、今まで以上に注目が集まっているKing & Prince。
これからの活躍に目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)