Khalid「Talk」和訳&歌詞の意味とは?

khalid_talk01

(出典: http://fnmnl.tv/2019/02/08/68091)

若き才能溢れるR&B界のアーティスト・Khalid(カリード)。

昨年はEP『Suncity』の発表や、初の来日公演も大好評だった彼の新曲「Talk(トーク)」は、自身が「この2年の成長と経験の頂点となる」と言える程の自信作に仕上がっている4月発売のニュー・アルバム『FreeSpirit(フリー・スピリット)』からの一曲です。

Disclosureをプロデューサーに迎え、想いを寄せる相手との関係について歌われているこの「Talk」。

今回はこの曲の和訳と歌詞の意味について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

Khalid「Talk」和訳&歌詞の意味とは?

「Talk」ー Khalid
Produced by Disclosure

Can we just talk?
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Talk about where we’re goin’
(僕たちがどこに向かってるかってことについて)
Before we get lost, lend me your thoughts
(お互い分からなくなってしまう前に)
(君の考えを教えてくれよ)
Can’t get what we want without knowin’
(分かってないままだと)
(僕らが求めているものは手にできないと思うんだ)
I’ve never felt like this before
(今までこんな気持ちになったことはない)
I apologize if I’m movin’ too far
(もしこの関係が行き過ぎてるならゴメンね)
Can we just talk?
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Figure out where we’re goin’
(僕らがどこに向かっているかはっきりさせようよ)

Yeah, started off right
(いい始まりだったんだと思う)
I can see it in your eyes
(君の目を見るとそう分かるよ)
I can tell that you’re wantin’ more
(君がもっとほしがっているて感じてるよ)
What’s been on your mind?
(君は何を考えているんだい)
There’s no reason we should hide
(隠す理由はなにもない)
Tell me somethin’ I ain’t heard before
(まだ僕が聞いたことのない何かを教えてよ)

Oh, I’ve been dreamin’ ‘bout it
(あぁ、僕はそれを夢見てるんだ)
And it’s you I’m on
(僕がほしいのは君さ)
So stop thinkin’ ‘bout it
(だから考えるのはやめよう)

Can we just talk?
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Talk about where we’re goin’
(僕たちがどこに向かってるかってことについて)
Before we get lost, lend me your thoughts (Yeah)
(お互い分からなくなってしまう前に)
(君の考えを教えてくれよ)
Can’t get what we want without knowin’ (No)
(分かってないままだと)
(僕らが求めているものは手にできないと思うんだ)
I’ve never felt like this before
(今までこんな気持ちになったことはない)
I apologize if I’m movin’ too far
(もしこの関係が行き過ぎてるならゴメンね)
Can we just talk?
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Figure out where we’re goin’
(僕らがどこに向かっているかはっきりさせようよ)

Oh, nah
Penthouse view, left some flowers in the room
(ペントハウスからの景色)
(部屋にはいくらか花を置いてるよ)
I’ll make sure I leave the door unlocked
(部屋の鍵は空けたままにしておくんだ)
Now I’m on the way, swear I won’t be late
(今向かってる、遅れたりはしないよ)
I’ll be there by five o’clock
(そこに5時までには行くからね)

Oh, you’ve been dreamin’ ‘bout it
(きっと君もそれを夢見てる)
And I’m what you want
(君が求めてるのも僕だよね)
So stop thinkin’ ‘bout it
(だから考えるのはやめよう)

Can we just talk? (Oh)
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Talk about where we’re goin’
(僕たちがどこに向かってるかってことについて)
Before we get lost, lend me your thoughts
(お互い分からなくなってしまう前に)
(君の考えを教えてくれよ)
Can’t get what we want without knowin’
(分かってないままだと)
(僕らが求めているものは手にできないと思うんだ)
I’ve never felt like this before
(今までこんな気持ちになったことはない)
I apologize if I’m movin’ too far
(もしこの関係が行き過ぎてるならゴメンね)
Can we just talk?
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Figure out where we’re goin’
(僕らがどこに向かっているかはっきりさせようよ)

Figure out where we’re goin’
(僕らがどこに向かっているかはっきりさせよう)

スポンサーリンク

Khalid「Talk」に出てくる英語のフレーズをピックアップ!

まず出だしの、

Can we just talk?
(ちょっと話せないかな?)
Can we just talk?
(ちょっと話がしたいんだ)
Talk about where we’re goin’
(僕たちがどこに向かってるかってことについて)

の部分についてですが、

Khalid曰く、during the honeymoon stage of a relationship (二人の間で良好な関係が保たれている期間)について歌っている曲ということなので、

二人の関係が早く発展しすぎることにちょっぴり不安を感じることから出てきているのがこの「Can we just talk?」だと考えることができます。

「ちょっと止まって、僕らの関係について話をしようよ。」といった感じですかね。

・I’ve never felt like this before
(今までこんな気持ちになったことはない)

こちらのフレーズは口語で非常によく使われるもので、
「今までこんなふうに感じたことはないよ。」を意味し、今回であれば相手への熱い想いのことを指していると思われます。

・I apologize if I’m movin’ too far
(もしこの関係が行き過ぎてるならゴメンね)

よく、ジョークなどでも過激すぎものを諭すときに「It’s too far(それは行き過ぎてるよ)」という表現を使ったりします。

これは、ある一定のラインがあって、それを超えている(そのラインより遠くに行き過ぎてるよ) というニュアンスですね。

これをこの曲に当てはめると、「僕がこの関係を(こんなに早く)行き過ぎたものに持っていこうとしているのなら、ごめんね。」というくらいの意味で捉えたらいいのではないでしょうか。

・What’s been on your mind?
(君は何を考えているんだい)

最後に、こちらのフレーズですが、非常にフランクに「相手の頭に浮かんでいる考え」を聞く時に使われる英語ですね。

今回は「What’s on your mind」ではなく、「What’s been on your mind」となっていることから、

少しの期間の幅が感じられるので、「このところどんなことを考えてたの?」くらいの意味で受け取ってもいいと思います。

終わりに

いかがだったでしょうか。

今回はKhalidの「Talk」という曲について、その和訳と歌詞の意味を紹介してみました。

昨年の第60回グラミー賞で『新人賞』を含む計5部門にノミネートされたこともあり、4月に控えたセカンド・アルバムのリリースが今か今かと心待ちにされているカリード。

今年もとどまるところを知らない彼の躍進に期待です!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)