YOASOBI(ヨアソビ)「もう少しだけ」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

YOASOBI(ヨアソビ)「もう少しだけ」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?
スポンサーリンク

2021年4月から『めざましテレビ』のテーマソングとして起用されているYOASOBI(ヨアソビ) の「もう少しだけ」。

こちらの曲は、「夜遊びコンテストvol.3 withめざましテレビ」と題されたコンテストで、小説投稿サイトmonogatary.comと『めざましテレビ』が共同で開催し、新テーマソングの原作となる小説が募集されたことで制作された曲となっており、その歌詞にも「今日も頑張ろう」と思えるような言葉がたくさん散りばめられています。

「おはよう。」というお題に1万文字以内の物語を投稿するというこのコンテストで大賞に選ばれた小説『めぐる。』(千春 著)を原作にYOASOBIが制作した「もう少しだけ」。

今回はこちらの曲の歌詞の意味や曲に込められた想いをご紹介したいと思います!

YOASOBI(ヨアソビ)「もう少しだけ」歌詞

「もう少しだけ」ー YOASOBI

もう少しだけ もう少しだけ
踏み出せたのなら
そう小さな優しさを
分け合えたのなら
ありふれた一日が
素敵な日になっていくほら
そうやって何度でも
喜びはめぐる

慌ただしく過ぎる朝に
いつも通り過ぎる朝に
頼まれたお使いと予定を照らす
君が教えてくれた
あてにしてない占いの言葉
「いつもしないことを」だって

そんなことを頭の隅に置いたまま
いつもの今日へ

もう少しだけ もう少しだけ
踏み出せたのなら
もう少しだけ あと少しだけ
優しくなれたのなら
ありふれた一日も
素敵な日になっていくような
そんな気がしたんだ
今喜びはめぐる

暗いニュースが流れる朝に
気持ちが沈んでいく朝に
自分は「いらない」存在?
なんて考える朝に
あなたのことを思い出したんだ
あなたに会いたくなったんだ
久しぶりに会いに行くよ
今すぐに

待ちに待ったそんな朝に
想いを馳せる日の朝に
いつもよりも早く家を出る
不意に触れた誰かの優しさが
私の優しさに変わったんだ
ほら喜びはめぐる

もう少しだけ もう少しだけ
踏み出せたことが
もう少しだけ ほんの少しだけ
優しくなれたことが
ありふれた一日を
特別な一日にほら
変えてくれたんだきっと
今日も

あなたから私へと
想いが伝わる
そう僕から君にほら
喜びが広がる
ありふれた毎日から
踏み出した優しさが今
誰かに届いてきっと
めぐり続けるんだずっと
どこまでも

今日もどこかであなたが
今を生きるあなたがただ
小さな幸せを
見つけられますように

スポンサーリンク

YOASOBI(ヨアソビ)「もう少しだけ」歌詞の意味や曲に込められた想いとは?

mousukoshi-1

【原作小説『めぐる。』(千春 著): https://monogatary.com/story/146439

冒頭でも触れたように、このYOASOBI(ヨアソビ) の「もう少しだけ」という曲は、「おはよう。」をテーマ投稿された小説をもとに書き下ろされた『めざましテレビ』のテーマソングとなっています。

ちなみにですが、「もう少しだけ」の原作小説となった『めぐる。』(千春 著)は、総応募数5605作品の中から大賞に選出された作品です。

すこし歌詞の内容を見てみると、『めざまし占い』のように朝の番組にはおなじみとなっている「占い」のこと、

そして、この占いを信じている友人とのやり取りを思わせるような言葉並んでいます。

慌ただしく過ぎる朝に
いつも通り過ぎる朝に
頼まれたお使いと予定を照らす
君が教えてくれた
あてにしてない占いの言葉
「いつもしないことを」だって

「いつもしないことを。。。」すると運気アップ!のような話を信じていない歌詞の主人公ですが、

こういった何気ないやり取りにどこか温かみを感じる部分ですよね。

人それぞれの一日の始まりに、“もう少しだけ”踏み出す勇気をくれるような歌詞と、原作小説で展開される小さな幸せの連鎖を想わせる軽やかなメロディーが、印象的なピアノポップ。

「もう少しだけ」を制作したYOASOBIの二人は、今回の曲について当初から「いろいろな方の1日の始まりを彩ることができるような歌を歌えたら(ikura)」や、「たくさんの方が1日の始まりに聴く曲になるので、「今日も頑張るぞ!」と思ってもらえるような、パワフルな楽曲にしたいです。(Ayase)。」というコメントを寄せていました。

多くの人が学校や仕事に行く朝と言えば、いい気分の時もあれば気が乗らずテンションが低いことがあるのも自然なことでしょう。

そんな心情を「もう少しだけ」では以下のように表現しているように思います。

暗いニュースが流れる朝に
気持ちが沈んでいく朝に
自分は「いらない」存在?
なんて考える朝に
あなたのことを思い出したんだ
あなたに会いたくなったんだ
久しぶりに会いに行くよ
今すぐに

待ちに待ったそんな朝に
想いを馳せる日の朝に
いつもよりも早く家を出る
不意に触れた誰かの優しさが
私の優しさに変わったんだ
ほら喜びはめぐる

暗い気持ちになった時に会いたいと思える相手がいることや、

ちょっとしたことで喜びを感じてまた頑張ろうと思えるきっかけになること。

そんな日々の何気ない喜びを感じさせてくれるような歌詞の内容になっていますよね。

//YOASOBI コメント//
Ayase
「楽しみながら曲を制作させていただきました。無事に完成した達成感と、“良い曲を作ったな”という手応えがあります。歌詞の中には、原作小説の『めぐる。』の登場人物と、小説の中での出来事をちりばめました。 “ちょっとしんどいな”と思う朝や、何かをするのをためらってしまう朝にこの曲を聴いて、“もう少しだけ頑張ってみようかな”という気持ちになってもらえたらうれしいですし、この曲と一緒に良い1日を過ごしてほしいと思っています」

ikura
「『めざましテレビ』のテーマソングとして、聴く人の背中を押せたらいいなと思い、そっと包み込んでくれるそよ風のように歌うことを意識しました。曲のテンポも、歩くスピードと同じくらいの心地よいものになっているので、ぜひ家を出るタイミングで聴いていただけたらうれしいです。皆さんの朝に寄り添える曲になることを願っています」

//フジテレビチーフプロデューサー・高橋龍平コメント//
「『もう少しだけ』。完成した楽曲が届き、絶妙なタイトルに思わずうなってしまいました。つらいことが多い今、時代が求めているのは、“もう少し、あと少しだけでいいんだよ”という寄り添う感覚。ぐいぐい手を引っ張られてはしんどくなってしまいます。『めざましテレビ』は、どんな朝でも見ているうちに自然と視聴者の皆様の心のスイッチが入る、太陽のような番組でありたいと考えています。『もう少しだけ』は、まさにぴったりの楽曲です。ご期待ください」

そして、曲の締めくくりの歌詞は、以下のようになっています。

今日もどこかであなたが
今を生きるあなたがただ
小さな幸せを
見つけられますように

いまあなたがどこで何をしているかが分からないけれど、素敵な一日を過ごしていてほしい。

毎朝こんな気持ちでスタートできたらきっとその一日が良いものになりそうですよね。

YOASOBIが歌うこの「もう少しだけ」は、そういった「相手を優しく思いやって軽く背中を押してあげる」という温かい気持ちに満ちた曲になっているのだと感じます。

終わりに

mousukoshi-2

今回は、『めざましテレビ』のテーマソングとして書き下ろされた、YOASOBI(ヨアソビ) の「もう少しだけ」という曲についてご紹介してみました。

Ayaseさんの語るように、曲のテンポも、歩くスピードと同じくらいの心地よいものになっているこちらの温かい楽曲。

毎日のスタートに聴く曲の一つとして、明るく一日を始める後押しをしてくれそうな素敵な作品です!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

0

コメントを残す

*
*
* (公開されません)