Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」歌詞の意味とは?

Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」歌詞の意味とは?

(出典:https://www.universal-music.co.jp/mrsgreenapple/wanted_wanted/)

活動開始から2年でメジャーデビューを果たし、怒涛の勢いで活躍の幅を広げているMrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)。

ポップで耳に残るサウンドと、深みのある歌詞でリスナーを魅了している。

今回はそんなMrs. GREEN APPLEの「WanteD! WanteD!」(ドラマ「僕たちがやりました」オープニング曲)の歌詞の意味について考察します。

スポンサーリンク

Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」歌詞の意味とは?

「WanteD! WanteD!」ーMrs. GREEN APPLE

作詞:大森元貴
作曲:大森元貴

だんだん簡単に
心が壊れてしまうようになったな
やる気捥がれて
傷ついたから
「あぁもう辞めだ」

WANTED! WANTED!
僕らは逃げている
WANTED! WANTED!
自分の弱さから

お馬鹿な振りをして
ゆらゆら生きている
誰も知らない
僕らの行き先は

だんだん快感になってきたよ
ツマラヌ オトナドモ
気高く保守的なだけね
でもとりあえず踊りましょう

グチャグチャ絵の具で彩って
ムチャムチャな夜と絡まって
I don’t wanna do愛の罠よ
まぁ I don‘t care

WANTED! WANTED!
僕らは逃げている
WANTED! WANTED!
妬む心から

あの子は馬鹿で
スラスラ生きれている
「月が綺麗だ」
幸せの形を

何かのせいにして
遊べるのは今だけなんだ
焦らなくていい?
少しずつ気付いてゆけばいい?

WANTED! WANTED!
僕らは生きている
WANTED! WANTED!
間違いながらも

逃げるのに慣れて
愛に気づけなくなっている

いつか綺麗な
大人になれるかな

WANTED! WANTED!

Mrs. GREEN APPLEのメンバーでこの曲の作詞作曲を担当している大森元貴さんはインタビューでこう語っています。

新曲『WanteD! WanteD!』は、ドラマ『僕たちがやりました』への書き下ろしで、このドラマには夢もなく精一杯何かをがんばって生きるのがダサいと思っている高校生たちが登場します。彼らが大事件を起こして、皮肉にも必死に生きることになる逃亡劇です。ちょうど僕らよりも若い10代の人たちをテーマにした曲を作りたいと思っていたところでした。原作漫画でも作品のテーマやエピソードの一つ一つが重厚だったので、そこを薄めないような曲作りを目指しました

今の若い世代の人たちは、生活の中でSNSの存在が大きいものになっています。見ず知らずの人から気安く批判されたり、面と向かわずに悪口を言い合えたりするので、『自分が本当に思っていることをさらけ出さない=本当の自分から逃げている』という人も多いんじゃないかと思います。

この曲は若い人たちがよく抱く感情や葛藤などが描かれているのではないかと思います。
早速歌詞をみていきましょう。

だんだん簡単に
心が壊れてしまうようになったな
やる気捥がれて
傷ついたから
「あぁもう辞めだ」

「夢や目標を馬鹿にされたり否定されたりして傷ついてしまい、もう辞めだ!と投げやりな気持ちになってしまった。」

WANTED! WANTED!
僕らは逃げている
WANTED! WANTED!
自分の弱さから
お馬鹿な振りをして
ゆらゆら生きている
誰も知らない
僕らの行き先は

だんだん快感になってきたよ
ツマラヌ オトナドモ
気高く保守的なだけね
でもとりあえず踊りましょう

「人から何か言われて傷つくのが怖いから、お馬鹿なフリをして逃げているんだ。
みんなと同じようにゆらゆら生きていれば周りから特に批判もされず傷つかなくて済む。」

「そしてそののまま大人になった人たち。すごく保守的だね。」という少し皮肉が入った表現になっていますね。

WANTED! WANTED!
僕らは逃げている
WANTED! WANTED!
妬む心から
あの子は馬鹿で
スラスラ生きれている
「月が綺麗だ」
幸せの形を

ここで出てくる馬鹿な子というのは、周りから何を言われてもそれに気づかず、周りの反応ではなく自分がしたいことや目標に向かって一生懸命な「鈍感力の高い子」のことを妬む気持ちから「馬鹿な子」という言葉で皮肉たっぷりに表現していると思われます。

そういう子がスラスラ生きれているのがとても羨ましいということですね。

WANTED! WANTED!
僕らは生きている
WANTED! WANTED!
間違いながらも
逃げるのに慣れて
愛に気づけなくなっている

いつか綺麗な
大人になれるかな

WANTED! WANTED!

「いろんなことを気にして本当の自分を出せなくなって、本当の自分の気持ちに気づいてあげられなくなっている。」
「いつか本当の自分の気持ちを大切に出来る大人になれるのだろうか。」

という感じでしょうか。

若い頃、特に中学生や高校生の頃は、人と違うことをするのが恥ずかしかったり、一生懸命することでダサいと思われるんじゃないかと思ったり、本当の自分の気持ちや本当の自分をさらけ出せない。だけど心の奥底では本当の自分を求めている。
そんな若い頃に起こる独特な気持ちを上手く表している歌詞ではないでしょうか。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:https://spice.eplus.jp/articles/62644)
 

今回はMrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」の歌詞の意味について考察してみました。
いかがだったでしょうか。

その気持ちとっても分かる!と共感する人も多いのではないでしょうか。

どの曲も深みのある素敵な歌詞でリスナーに語りかけるMrs. GREEN APPLE。

今後の活動からも目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)