大原櫻子「泣きたいくらい」歌詞の意味とは?[資生堂SEA BREEZE CMソング]

大原櫻子「泣きたいくらい」歌詞の意味とは?[資生堂SEA BREEZE CMソング]

(出典:https://spice.eplus.jp/articles/180924)

2013年に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン理子役に5,000人の中から審査員満場一致で選ばれてから現在まで、女優そして歌手として大活躍の大原櫻子さん。

今年デビュー5周年を迎える彼女がシングル曲「泣きたいくらい」を4月にリリースする。
すでに「資生堂SEA BREEZE CMソング」として3月より先行配信されており注目があつまっている。

今回はそんな大原櫻子さんの「泣きたいくらい」の歌詞の意味について考察したいと思います。

スポンサーリンク

大原櫻子「泣きたいくらい」歌詞の意味とは?

「泣きたいくらい」ー大原櫻子

作詞:大原櫻子/小名川高弘
作曲:小名川高弘

泣きたいくらい
君のことが好きになっていく
見つめ合うたびに
指を伝う鼓動(リズム)
早すぎてため息でちゃうの

泣いた顔も
照れた顔も愛しくて
隣でそっと
溶けてしまいそうなほどの幸せ
ずっと大切にしたいから

会うたびに
楽しさと切なさが
寄り添う日々 出会った頃は
ここまでじゃなかったのに

息をするのも忘れるくらい
ただただ笑いあってる時間を
幸せに思える
素直に言いたい

泣きたいくらい
君のことが好きになっていく
見つめ合うたびに
指を伝う鼓動(リズム)
早すぎてため息でちゃうの

泣いた顔も
照れた顔も愛しくて
隣でそっと
溶けてしまいそうなほどの幸せ
ずっと大切にしたいから

いつの日か
大人の恋愛なんて
想像した でも結局
いまと変わらないのかも

お揃いっていう言葉がいつしか
好きになったのは君のせいだって
幸せに思える
素直に言いたい

泣きたいくらい
君のことが好きになっている
わがままでもいいから
少し苦しくたって
このままでいさせてお願い

負けないくらい
君のことを抱きしめるよ
目を閉じたら
消えてしまいそうなほどの幸せ
ずっと大切にしたいから

泣きたいくらい
君のことが好きになっていく
隣でそっと
溶けてしまいそうなほどの幸せ
ずっと大切にしたいから

消えてしまいそうなほどの幸せ
ずっと大切にしたいから

泣きたいくらい
君のことが好きになっていく

歌詞の中に何度も出てきていて、タイトルにもなっているこのフレーズ。

好き=泣く

というのはなかなか結びつきませんが、ここでの泣くというのは押し寄せてきて抑えられない感情を言っているのではないでしょうか。

「泣く」にはいろんな感情があります。
例えば、「感動して泣く」「悲しくて泣く」「嬉しくて泣く」等々。

大好きな歌手に実際に会って号泣している人などをテレビなどで見かけたことありますよね。それって何の涙かと言われても説明しづらいですよね。理屈じゃなく、自然に押し寄せてきて抑えきれない感情なんですよね。

この歌詞に出てくる「泣きたいくらい」というのはまさにその押し寄せてきて抑えきれない感情を表しているのだと思います。

「泣きたいくらい 君のことが好きになっていく」

とても素敵な表現ですね。

泣いた顔も
照れた顔も愛しくて
隣でそっと
溶けてしまいそうなほどの幸せ
ずっと大切にしたいから

いつの日か
大人の恋愛なんて
想像した でも結局
いまと変わらないのかも

お揃いっていう言葉がいつしか
好きになったのは君のせいだって
幸せに思える
素直に言いたい

大好きな相手なら、泣いた顔でも照れた顔でもどんな顔でも愛おしくて、いろんな表情を見るたびに幸せを感じて、相手のそんな表情をいつまでも守り続けて大切にしたい。

いつか大人の恋愛をするようになるのかななんて想像したけど、今の泣きたいくらい大好きな気持ちも楽しく過ごしてる日々も、歳を重ねるだけで他は何も変わらないのかも。

お揃いって言葉なんて特に意識したこともなかったけど、君と一緒に居るようになって、お揃いってことだけでこんなにも幸せなことなんだって分かった。

という感じでしょうか。

曲全体を通して、恋愛したての初々しい恋人同士の「君のことが好き過ぎて何をやっても楽しいし幸せ!」という感じが伝わってきてとても幸せな気持ちになりますね。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:http://do-ra.org/2016/08/08/64204/)

今回は大原櫻子さんの「泣きたいくらい」の歌詞の意味について部分的ではありますが考察してみました。いかがだったでしょうか。

今回、作詞にも参加している大原櫻子さんのセンスが光る歌詞になっていて、聴いていてとても共感できますね。

女優にも歌手にも大活躍の大原櫻子さん。今後の活動からますます目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)