04 Limited Sazabysの人気曲と言えばこれ!5曲を厳選してオススメ!

folimi01_pic

(出典: https://www.instagram.com/04genls/?hl=ja)

疾走感溢れるビートとベースボーカル・GENの心地よく響くハイトーンボイスが特徴の04 Limited Sazabys(フォー・リミテッド・サザービーズ)。

フォーリミの愛称で親しまれる名古屋発の大人気パンクバンドです。

今回は、04 Limited Sazabysがどんなバンドなのかまだ詳しく知らないという方に是非オススメ。

彼らの人気曲Top5を厳選して紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

04 Limited Sazabysの人気曲Top5といえばこれ!

1. 『swim』YouTube視聴回数590万↑(2018年4月現在)

04 Limited Sazabys「swim」についてはこちらの記事もどうぞ!

フォーリミと言えばこの曲というくらい、彼らの代表曲として挙げられるのが「swim」です。
メジャー・デビューアルバム、「CAVU」に収録されている「swim」は、曲名の通り悩んでいる気持ちを「泳ぐこと(swim)」に例えて歌われている疾走感と希望に溢れたナンバー。

作詞作曲を担当しているベースボーカルのGENさんが、「”前向きなマインドをそのまま作品にしたかった”」と語ってるように、明るい曲調とポジティブに受け取ることができる言葉が散りばめられている曲です。

2. 『Squall』YouTube視聴回数200万↑(2018年4月現在)

自分を鼓舞する時に聞きたい一曲。

タイトルは「Squall」(スコール:突然の大雨)で曲中にも五月雨という言葉が繰り返し出てきますが、曲中の中での雨は不安を流してくれるもの。

そして、雨の後はまたいい天気になる。そんな天気に感情が重ねて歌われているように聴こえます。

自分の夢に向かって正直に生きていたら挫折することもある。でも、挫けずにまた立ち上がって進んでいこう!と前向きにしてくれる曲ですね。

スポンサーリンク

3. 『My HERO』YouTube視聴回数78万↑(2018年4月現在)

これぞフォーリミというような疾走感に溢れたナンバーとなっている、こちらの「My HERO」。

テレビ東京のドラマ「オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」のオープニングテーマとして起用されたこの「My HERO」は自分の目指すヒーローになるため挑戦し続ける若者について歌われています。

軽やかなビートとともに気持ちが軽くなるこの「My HERO」。夢に向かって生きる純粋な気持ちを思い出させてくれる一曲ですね。

4. 『monolith』YouTube視聴回数365万↑(2018年4月現在)

タイトルは「一枚岩」を意味する「monolith」(モノリス)と読みます。

早いビートに隠れた「涙の口実」や「涙の講義中」という言葉に少し考えさせられるこの曲。

流れるようなサビのリリックは必聴です。

5. 『Terminal』YouTube視聴回数240万↑(2018年4月現在)

「最低な世界のまんまじゃ許されないから」という始まりで耳を引くこの「Terminal」。

夢に向かって進んでいるはずなのに空回りする自分、またその途中で味わう葛藤などが恋愛の情景と交わって少し切なく聴こえてきます。

曲の終盤、タイトルの「Terminal」(最後、終点)の意味を考えさせられる「駅」や「君と一緒にいたい最後」というところがウルッとくるのもこの曲の特徴。

また、最初の最低な世界という部分が、最後に最高な世界というフレーズに変わっているところにもこの曲の前向きな部分が現れていて面白いです。

ぜひ歌詞を見て意味を考えながら聴いて欲しい一曲です。

終わりに

folimi02_pic

(出典: https://www.instagram.com/04genls/?hl=ja)

いかがだったでしょうか。

今回はフォーリミの愛称で親しまれる『04 Limited Sazabys』の代表曲のうちの5つを紹介してみました。

あなたのお気に入りソングは見つかりましたか?

夢に向かってひたむきに努力しているときに誰しもが感じる不安や焦り、そんな思いを代弁して歌ってくれている曲が多いですよね。

そして、明日も頑張ろうと勇気づけてくれる歌詞に救われる方も多いと思います。

今後もさらなる活躍が期待される彼らの音楽に注目していきましょう。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)