家入レオ「あおぞら」歌詞の意味とは?[ライオンのグータッチ テーマソング]

家入レオ「あおぞら」歌詞の意味とは?[ライオンのグータッチ テーマソング]

(出典:https://www.musicman-net.com/artist/75046)

2012年にデビューし、同年12月に日本レコード大賞・最優秀新人賞を受賞。デビュー5周年となる昨年は念願であった初の武道館ライブを大成功させた。
力強く透き通る歌声、多くの共感を生む歌詞で活躍している家入レオさん。

今回はそんな家入レオさんの「あおぞら」(「ライオンのグータッチ」テーマソング)の歌詞の意味や込められた想いについて考察してみたいと思います。

家入レオ「あおぞら」歌詞の意味とは?

「あおぞら」ー家入レオ

作詞:家入レオ
作曲:水野良樹

“もう少しだよ”“まだやれるよ”
ずっとひとりで 君は君を励ましながら
歩いてきたんだね
そんな顔で笑ったりしないでよ

晴れた青空 明日を想う
僕がいるよ あの日の君に
まだ届かずに 寂しくて

誰よりも頑張ってきた君
涙こぼすことは
かっこ悪いことかな?
今こころに触れさせて
怖いのは同じだよ
だいすきな君へ
歌わせてラヴソング

手紙を書こう そう思うのに
言葉が心に追いつかなくて
大事なものは いつも目に見えない
だから歌の魔法を信じてる

白い便箋 折り鶴にして
君にあげるよ
願いを込めて 言葉を超えて
羽ばたいていく

誰よりも頑張ってきた君
どんな時もわたし見守っているから
自信のない顔はやめて
弱さは強さに変わる
だいすきな君へ
歌わせてラヴソング

逃げないで 本当の気持ちから
本当の自分から 今を見つめて
ちゃんとわたし分かってる
君のこと信じてる
もう一度だけ あの空へ

誰よりも頑張ってきた君
涙こぼすことは かっこ悪いことかな?
いつか晴れた空見上げ
ふたりで笑ってるといいな
だいすきな君へ
歌わせてラヴソング

フジテレビで放送されている「ライオンのグータッチ」は、夢を追いかけて頑張っているのになかなか結果が出ない子供達のところにその道のプロが出向き熱血指導する、応援ドキュメントです。

家入さんは「ライオンのグータッチ」のテーマソングを歌うにあたり、

人が人を想うこと。その尊さ。私なりのラヴソングが届いたら嬉しいです。

とコメントしています。

この曲を聴いていると親が子を想う様なそんな雰囲気が感じられまね。

“もう少しだよ”“まだやれるよ”
ずっとひとりで 君は君を励ましながら
歩いてきたんだね
そんな顔で笑ったりしないでよ

晴れた青空 明日を想う
僕がいるよ あの日の君に
まだ届かずに 寂しくて

自分で自分を励ましながら必死に一人で頑張る子供に
私がいつでもそばにいるよって想いであったり

誰よりも頑張ってきた君
涙こぼすことは かっこ悪いことかな?
今こころに触れさせて 怖いのは同じだよ
だいすきな君へ 歌わせてラヴソング

それだけ君は頑張ってきたんだから、泣きたい時は泣たっていい
一緒にその気持ちを受け止めさせて欲しいなって想いであったり

誰よりも頑張ってきた君
どんな時もわたし見守っているから
自信のない顔はやめて
弱さは強さに変わる
だいすきな君へ
歌わせてラヴソング

逃げないで 本当の気持ちから
本当の自分から 今を見つめて
ちゃんとわたし分かってる
君のこと信じてる
もう一度だけ あの空へ

時には、逃げそうになる君に対しての厳しい想いであったり

子供達に対するたくさんの“想い”が感じられます。

そんな「人が人を想うということ」は当たり前のようで実は尊いことであり、素晴らしいことなんだよというメッセージがこの歌詞には込められているのではないでしょうか。

そしてその“想い”を子供達へのラブソングとして届ける家入レオさんはとても素敵ですね。

終わりに

(出典:https://goo.gl/b1sxCa) 

いかがだったでしょうか。
今回は家入レオさんの「あおぞら」の歌詞の意味や込められた想いについて考察してみました。

家入レオさんの曲はメッセージ性の強いものが多いですが、この楽曲もそのうちの一つではないでしょうか。

今後ますます活躍が期待される家入レオさん。
次はどんなメッセージをリスナーに届けてくれるのかとっても楽しみですね。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)