Jess Glynne「I’ll Be There」の歌詞(和訳)の意味とは?

illbethere01_pic(出典: https://www.theedgesusu.co.uk/records)

イギリス・ロンドン出身の女性シンガー・ソングライター、Jess Glynne(ジェス・グリン)。

ゲストボールとして参加した、Clean Bandit(クリーン・バンディット)・「Rather Be」の世界的大ヒットと共にブレクを果たした彼女は、その後のソロ活動でもヒット曲を連発。

今ではイギリスで最も人気のあるシンガーの1人となりましたね。

今回は、そのパワフルなハスキー・ボイスで世界を魅了している彼女の曲の中から、

大きな勇気をもらえる一曲「I’ll Be There」について、その歌詞(和訳)の意味を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Jess Glynne「I’ll Be There」の歌詞(和訳)の意味とは?

「I’ll Be There」ー Jess Glynne
Produced by Starsmith & Electric

When all the tears are rolling down your face
(涙が止めどなくあなたの頬を伝って)
And it feels like yours was the only heart to break
(まるで自分だけの心が壊れていくように感じる時も)
When you come back home and all the lights are out, ooh
(家に着いても全てのライトは消えていて)
And you getting used to no one else being around
(一人ぼっちでいることに慣れちゃった時も)

Oh, oh, I’ll be there
(私がいつでも側にいるわ)
When you need a little love, I got a little love to share
(「ちょっとした愛」が必要ならば)
(私がその「ちょっとした愛」をあなたと分かち合える)
Yeah, I’m gonna, I’m gonna, I’m gonna come through
(私とならきっと分かり合える)
You’ll never be alone, I’ll be there for you
(あなたを一人にはしない、いつでも側にいるわ)
I’ll be there, I’ll be there for you
(いつでもあなた側にいるわ)
I’ll be there, I’ll be there for you
(いつでもあなた側にいるわ)
Oh, I swear, I got enough love for two, ooh, ooh, ooh
(大丈夫、私たち二人に必要な愛なら私が十分持ってるから)
You’ll never be alone, I’ll be there for you
(あなたを一人にはしない、いつでも側にいるわ)

When it’s Friday night and the drink don’t work the same
(金曜日の夜、いつものようにお酒が味方してくれなくて)
You’re alone with yourself and there’s no one else to blame
(はけ口もなくあなたが一人ぼっちの時も)
When you still can’t feel the rhythm of your heart
(心のリズムを掴めずに)
And you see your spirit fading in the dark
(気力が闇に溶けていきそうになった時でも)

Oh, oh, I’ll be there
(私がいつでも側にいるわ)
When you need a little love, I got a little love to share
(「ちょっとした愛」が必要ならば)
(私がその「ちょっとした愛」をあなたと分かち合える)
Yeah, I’m gonna, I’m gonna, I’m gonna come through
(私とならきっと分かり合える)
You’ll never be alone, I’ll be there for you
(あなたを一人にはしない、いつでも側にいるわ)
I’ll be there, I’ll be there for you
(いつでもあなた側にいるわ)
I’ll be there, I’ll be there for you
(いつでもあなた側にいるわ)
Oh, I swear, I got enough love for two, ooh, ooh, ooh
(大丈夫、私たち二人に必要な愛なら私が十分持ってるから)
You’ll never be alone, I’ll be there for you
(あなたを一人にはしない、いつでも側にいるわ)

When you’re lost down the river bed, I’ll be there
(あなたが川底をさまよっているなら、私が側にいる)
When you’re lost in the darkness, I’ll be there
(もし暗闇で自分を見失っていても、私が側にいるわ)
I’ll be there when you’re heart is breaking
(あなたの心が壊れそうな時はいつでも私が付いてるから)
You’ll never be alone, I’ll be there for you
(あなたを一人にはしない、いつでも側にいるわ)
I’ll be there
(いつでも私が側にいる)

I’ll be there, I’ll be there for you (I’ll be there)
I’ll be there, I’ll be there for you (ooh, ooh, I’ll be there)
Oh, I swear, I got enough love for two, ooh, ooh, ooh
You’ll never be alone, I’ll be there for you, oh
I’ll be there, I’ll be there for you
(I’ll be there when your tears are falling)
(あなたの涙がこぼれるときには私が側にいる)
I’ll be there, I’ll be there for you
(I’ll be there, can’t you hear me calling?)
(私が側にいる、あなたを呼んでる声が聞こえるでしょ?)
Oh, I swear, I got enough love for two, ooh, ooh, ooh
(I’ll be there when you’re heart is breaking)
You’ll never be alone, I’ll be there for you, ooh

I’ll be there for you, ooh
I’ll be there for you, ooh
You’ll never be alone, I’ll be there for you
I’ll be there for you, ooh
I’ll be there for you, ooh
You’ll never be alone, I’ll be there for you

スポンサーリンク

タイトル「I’ll Be There」(アイル・ビー・ゼア)について

illbethere02_pic

(出典: https://www.wearefamilia.com/directors/adriaan-louw/jess-glynne-i-ll-be-there)

直訳すると「私はそこにいるよ」という意味になるこの「I’ll Be There」

待ち合わせなどで気軽に、

A: “じゃあ〇時に〇〇で会いましょう”
B: Ok, I’ll be there. (了解、そこに行くね)

という使い方ができる英語表現です。

ですが今回の曲では、
歌われている内容からも分かるように、
物理的にある場所にいることを指しているのではなく、
心理的に支えるという意味(いつも側に私がついているよ)と捉えるのが自然でしょう。

“I’ll always be there for you.”(いつもあなたの側にいるよ)というよく使われるフレーズがありますが、
この曲の”I’ll  be there(for you).”は正にこちらの意味で使われています。

「暗い気持ちになった時、私はいつもあなたの側にいるから安心してね。」

そんな想いが伝わってくる温かい曲であることが分かりますね。

終わりに

illbethere03_pic

(出典: https://www.billboard.com/articles/columns/)

いかがだったでしょうか。

今回は、Jess Glynneの「I’ll Be There」について、その歌詞の意味を紹介してみました。

シンプルな言葉に詰まった大きなエネルギーと優しさに励まされる素敵な一曲ではないでしょうか。

夏の風物詩であるサマーソニックでの来日(2018年8月18日/19日)を始め、セカンド・アルバム『ALWAYS IN BETWEEN』のリリース(9月)、イギリスでのアリーナツアー(11月)と話題の尽きない彼女。

今後も大注目のJess Glynneから目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)