ビッケブランカ「まっしろ」歌詞の意味とは?

ビッケブランカ「まっしろ」歌詞の意味とは?

(出典:http://ur0.biz/MCfg)

10月17日にデジタルシングル「まっしろ」、11月21日には2ndフルアルバム「wizard」をリリースするビッケブランカさん。

アルバム「wizard」は全国のラジオ局のヒットチャートで首位や上位となったシングル「ウララ」「夏の夢」、アニメ映画『詩季織々』の主題歌や、TVアニメのテーマ曲など、タイアップ曲が多く収録されている。

その中でもアルバムにも収録され、シングルとしてもリリースされる「まっしろ」は、日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』の挿入歌として使用されており、非常に注目が集まっている。

今回はそんなビッケブランカ「まっしろ」の歌詞の意味や込められた想いについて考察します。

スポンサーリンク

ビッケブランカ「まっしろ」歌詞の意味とは?

「まっしろ」ービッケブランカ

作詞:ビッケブランカ
作曲:ビッケブランカ

誰にも見つからない
街の灯も灯らない
交差するクレーンを一人見上げた
今は叶わないことばかりのまま
ただあるいて行こう

冷たさが吹いてきた
悲しみがこみ上げてきた
降り積もったすべてよ
時間を超えてよ
そして今までなんてなかったように
はじめていこう

別に言うことなんてない
言ってもいいことなんてない
人知れず黙り方を覚えた
いつか変わらない日々を穿つような
鐘が鳴るはず

粉雪が降ってきた
可笑しさがこみあげてきた
最高な夜だね 泣けてくるから
運命に膝まで濡らさないように
はしっていこう

この世に一つの鐘の音よ

冷たさが吹いてきた
悲しみがこみあげてきた
降り積もったすべてよ
時間を超えてよ
そして今まで全部なかったように

気づいたら 少し涙
もう一度帰れたとしたなら
全てに変えても守りたいものを
決して手放さないように
はしっていこう

ビッケブランカさんはこの曲についてこうコメントしています。

「バラード歌ってみない?」の一言でスタートしたのがとても印象的な今回のお話でした。
台本を読ませてもらっていたので世界観にも浸かることができ、浸かってしまえばあとは潜水、自然と出来上がった歌です。
ドラマを彩ることができたならとても光栄なことです。
(引用:http://ur0.biz/MBCR)

それでは歌詞を見ていきましょう。

誰にも見つからない
街の灯も灯らない
交差するクレーンを一人見上げた
今は叶わないことばかりのまま
ただあるいていこう

誰もいない、街の灯りも灯らない様な場所で、交差するクレーンを一人で見上げていた。
今は叶わないことばかりだけど、とりあえず歩いて行こう。

冷たさが吹いてきた
悲しみがこみあげてきた
降り積もった全てよ
時間を超えてよ
そして今までなんてなかったように
はじめていこう

世の中の冷たい風に悲しさがこみ上げてきた。
今まで自分の中に降り積もってきた想いなどは、時間を超えて無かったことにして、そして今までのことは全てなかったかの様にこれから始めていこう。

別に言うことなんてない
言ってもいいことなんてない
人知れず黙り方を覚えた
いつか変わらない日々を穿つような
鐘が鳴るはず

別に言うこともないし、言ってもいいことはないってことを世間で学んだから、誰に言われるでもなく黙ることを覚えた。
いつかこの何も変わらない日々をガラッと変えてしまうような鐘が鳴るはずなんだ。

粉雪が降ってきた
可笑しさがこみあげてきた
最高な夜だね 泣けてくるから
運命に膝まで濡らさないように
はしっていこう

この世に一つの鐘の音よ

こんな気持ちの時に雪まで降ってきて、もう可笑しさがこみ上げてきた、やけくそみたいだけど最高の夜だね、、、泣けてくるよ。
こんな運命に膝まで浸かってしまわないように走って行こう。

僕の運命を変えてしまうようなこの世に一つの鐘が鳴ってくれると信じて。

気づいたら 少し涙
もう一度帰れたとしたなら
全てに変えても守りたいものを
決して手放さないように
はしっていこう

気づいたら涙が溢れてきた。
もう一度こうなる前に戻れるとしたら、
どんなことよりも優先して、自分の守りたいものを決して手放さないように走って行きたい。

この曲は、社会や世の中で自分の本当の気持ちや想い(=自分が本当に守りたいもの)を押し殺しながらでも頑張り続けてきたけれど、これからはそんな状況を変えるために全てを振り払って、前を向いて走っていくことを決意しています。
もし前に戻れたらなんて考えることもあるけど、実際にはそんなことは出来ないから、今この瞬間から全てを“まっしろ”にして、もし前に戻れたらと考えたときに出てきた「全てに変えても守りたいものを決して手放さないように」という想いを胸にこの状況を変えてくれる鐘が聞こえるまで走り抜いていこう。そんな決意が感じられますね。
この世の中で生きる私たちに勇気をくれる素敵な曲になっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:http://ur0.biz/MCfp)

いかがだったでしょうか。

今回はビッケブランカさん「まっしろ」の歌詞の意味や込められた想いなどについて考察してみました。

是非、皆さんもこの曲を聴いて自分自身で未来を変えていく勇気をもらってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)