CHEMISTRY「13ヶ月」歌詞の意味とは?(ドラマ「リニューアル家族」主題歌)

CHEMISTRY「13ヶ月」歌詞の意味とは?(ドラマ「リニューアル家族」主題歌)

(出典:https://utaten.com/news/index/16030)

2017年に5年ぶりに復活し、再始動しているCHEMISTRY。

5年間それぞれソロとして活動し、結成15年目となる2017年にまた二人でやりたいという想いが一致し、グループとしての活動を再開したそう。

そんなCHEMISTRY再始動後初のバラード曲「13ヶ月」が6月にリリースされる。

この曲は日清ヨーク「やさしい十勝のむヨーグルト」リニューアル記念WEBドラマ『リニューアル家族』主題歌のために書き下ろされ、Youtubeでも公開されている。

今回はそんなCHEMISTRY「13ヶ月」の歌詞の意味について考察します。

スポンサーリンク

CHEMISTRY「13ヶ月」歌詞の意味とは?

※歌詞につきましては管理人が一部文字起こしをしているため間違っている可能性があります。
正式なものが発表され次第修正させていただきますのでご了承ください。
(お分かりの方がいらっしゃいましたら、コメントからご協力お願い致します。) 

「13ヶ月」ー CHEMISTRY

作詞:松尾潔
作曲:松尾潔 / Maestro-T

愛してるなんて言える人は
こんなに辛くないはず
いつだって大切なことだけ
言葉にならず消える

君がここを離れてから
明日で13ヶ月
一人暮らしにも長い夜にも
慣れていくみたいだ

でもね僕のこの指先は
まだ君を覚えてる
君の柔らかな手のひらを
もう一度包んで伝えたい事がある

愛してるなんて言いたくない
そんな言葉じゃ足りない
真剣にそう思っているんだ
笑ってしまうくらい

君がここに居たときには
近くて見えなかったよ
今ならば分かる
愛する人と生きていく理由が

あのね僕のこの心には
羽根が生えている
君の住む街へと
飛べるように

幸せを過去から
未来へと繋ぐため

だから僕のこの指先は
まだ君を探してる
君の柔らかな手のひらを優しく
もう一度包んで伝えたい事がある

愛してるの気持ち

CHEMISTRYのお二人は「13ヶ月」についてこのように語っています。

僕らにとって再始動後初のバラード曲になります。リニューアル家族、このショートムービーのような「愛」の形もあるように、人というのは愛を求め探し続けているんだなと歌っていて優しい気持ちにさせてくれました。
皆さんが「13ヶ月」を聴いて、前向きに笑顔で毎日を楽しめる気持ちになってくれたら嬉しいです。(川畑 要)

この「13ヶ月」という曲は、沢山の人の愛の形が描かれています。
愛している人、愛されている人、愛されてないと思っている人、愛だと気づいて欲しい人。
瞬間を逃してしまう事より、相手を思いやる優しい気持ちに気づき、大切にした希望の歌です。
愛はいつもあなたの身近にあります。是非聴いてください。(堂珍 嘉邦)

お二人のコメントからこの曲のテーマは「愛」であるということがわかりますね。

愛してるなんて言える人は
こんなに辛くないはず
いつだって大切なことだけ
言葉にならず消える

普段のたわいのない会話はいくらでもできるのに、本当に伝えたい大切なことは言えない。
それは照れくさかったり、言わなくても分かってるだろうと思ったり、どう伝えたら良いか分からず言葉にならなかったり。

君がここを離れてから
明日で13ヶ月
一人暮らしにも長い夜にも
慣れていくみたいだ

でもね僕のこの指先は
まだ君を覚えてる
君の柔らかな手のひらを
もう一度包んで伝えたい事がある

君がここに居たときには
近くて見えなかったよ
今ならば分かる
愛する人と生きていく理由が

本当に大切なもの(人)は、遠くに離れたり、失ってから気づくことが多い。
ただ、本当に大切なもの(人)はどんなに時間が経っても色あせることなく心の中に残っている。当時近すぎて見えなかったものが今では見える。そしてそれを今伝えたいんだ。

だから僕のこの指先は
まだ君を探してる
君の柔らかな手のひらを優しく
もう一度包んで伝えたい事がある

愛してるの気持ち

あの時うまく伝えることが出来なかった“愛している気持ち”を今度こそ伝えたい。

 

この曲の歌詞は全体を通して「愛を伝えたい側」のことについて歌っているように感じますが、愛を伝える側がいるということは受け取る側もいて、愛を与えたい人もいれば愛を求める人もいる。それぞれにそれぞれの愛のカタチが存在し、そこには優しさが溢れている。そんな温かい気持ちがこの曲の歌詞からは感じられますね。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:https://www.oricon.co.jp/news/48981/photo/4/)

今回はCHEMISTRY「13ヶ月」の歌詞の意味や込められた想いについて考察してみました。
かなり突っ込んだ考察になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

聴いた人それぞれが愛について想いを巡らせることが出来る素敵な曲ですね。

CHEMISTRYの極上の歌声とともに、皆さんの生活を彩る一曲になること間違いなしです。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)