カタルシストの歌詞(和訳付き)の意味とは?【RADWIMPS】

カタルシストの歌詞(和訳付き)の意味とは?【RADWIMPS】

(出典:http://realsound.jp/2016/11/post-10274.html)

デビュー以来、日本のロックシーンを盛り上げ、常に存在感を発揮してきたRADWIMPS。

2016年には映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」が大ヒットしその名を日本中に轟かせました。

そんなRADWIMPSが2018年6月6日にシングル「カタルシスト」をリリース。

この曲は「2018 FIFA ワールドカップ ロシア」フジテレビ系のサッカー中継のテーマ曲として書き下ろされており、記憶に残る一曲となること間違いなしのナンバーとなっています。

今回はそんな「カタルシスト」の歌詞の意味や込められた想いについて考察します。
(タイトルの「カタルシスト」の意味についてはこちらをご覧ください)

スポンサーリンク

RADWIMPS「カタルシスト」歌詞の意味とは?【和訳付き】

「カタルシスト」ーRADWIMPS

作詞:野田洋次郎
作曲:野田洋次郎

勝つか負けるとかじゃないとか
勝ちよりも価値のあるマッチだとか
言いたいこたぁわからねぇでもねーがオイ
勝たなきゃ始まらにゃーなこともあるワケであるのだからさ
つまるところ要するに
今は御託並べずにがむしゃらに勝ちにいく時

今がその時
今が 今まさにその時
今がその時
今が 今まさにその時

Here we are now
(さぁ、行こう)
we came to take this game
(僕らはこのゲームをとりに来た)
No way, losing it’s unacceptable
(負けはありえない、受け入れられないんだ)
For every single fear we carry, inside us
(僕たちが抱えている一つ一つの恐怖は)
Let’s break them into pieces
and prove we are the Winners
(全部粉々にして、僕たちが
勝者だということを証明しようじゃないか
)

誰かを負かしたいわけじゃない
ただ自らの高みへ
昇りたい 出逢いたい
まだ見ぬ自分の姿に

だから僕ら今 手を取るよ
あなたの握る力が
どれほどの勇気をくれるかを
あなたはきっと知らない
あなたにとっても
どうかそうでありたい

敵は強く見えるもの
いつの時もそういうもんだもの
だども 恐れるほどのことじゃなかろう
敵にとっちゃ君はまたその
遥か高くそびえ立つ
超えられなき偉大な壁 今日(こんにち)までの
君の日々のすべてをいざ出す時は

そう
今がその時
今が 今まさにその時
今がその時
今が 今まさにその時

Here we are now
(さぁ、行こう)
we came to take this game
(僕らはこのゲームをとりに来た)
No way, losing it’s unacceptable
(負けはありえない、受け入れられないんだ)
For every single fear we carry, inside us
(僕たちが抱えている一つ一つの恐怖は)
Let’s break them into pieces
and prove we are the Winners
(全部粉々にして、僕たちが
勝者だということを証明しようじゃないか
)

誰かを負かしたいわけじゃない
ただ自らの高みへ
昇りたい 出逢いたい
まだ見ぬ自分の姿に
だから僕ら今 手を取るよ
あなたの笑う姿が
どれほどの勇気をくれるかを
あなたはきっと知らない
あなたにとっても
どうかそうでありたい

君と走り抜ける風に
乗れば勝てない痛みなど
ないとただ愚かなほどに
信じれる心があるよ

僕が叫ぶこの声には
たとえ意味などなかろうと
君にただ届けと願う
心が叫ぶのやめないの

願うだけ ただ願うだけ
君の夢が咲き誇るまで
願うだけ そう願うだけ
君の夢は僕のでもあるから

この曲はFIFAワールドカップのために書き下ろされたものではありますが
それだけにとどまらない大切なことを伝えようとしてくれている気がしますね。
それでは歌詞をみていきましょう。

誰かを負かしたいわけじゃない
ただ自らの高みへ
昇りたい 出逢いたい
まだ見ぬ自分の姿に

相手を負かしたいとかそういうことではなく
とにかく自分を成長させ、まだ出逢ったことのない
もっともっとレベルアップした自分に逢いたい

だから僕ら今 手を取るよ
あなたの笑う姿が
どれほど勇気をくれるかを
あなたはきっと知らない
あなたにとっても
どうかそうでありたい

応援してくれる人がいたり、自分が一生懸命何かをしたことで笑顔になってくれる人がいたら
それだけで頑張れるし、勇気をもらえる
応援している側も一生懸命な人をみて勇気をもらえる
お互いにそういう関係でありたいな

誰しも経験があると思いますが、

自分の好きなスポーツ選手だったりミュージシャンだったり、そういう人たちが自分の限界に一生懸命に挑戦する姿を見て勇気をもらったり、感動したり、笑顔になったり
逆にスポーツ選手やミュージシャンもファンの方の応援から勇気をもらったり笑顔をもらったり

そんなふうにお互いが一生懸命になれて勇気をもらって高め合える。そんな関係がとっても素敵だよねと語りかけてくれているように感じますね。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/RADWIMPS)

いかがだったでしょうか。
今回はRADWIMPS「カタルシスト」の歌詞の意味や込められた想いについて考察してみました。

選手とサポーターが一体となって行われるFIFAワールドカップにぴったりの曲ではないでしょうか。

RADWIMPS「カタルシスト」は私たちに勇気をくれる一曲になること間違いなしですね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)