AAA「Tomorrow」歌詞の意味とは?【ドラマ『ケンカツ』主題歌】

AAA「Tomorrow」歌詞の意味とは?【ドラマ『ケンカツ』主題歌】

(出典:https://goo.gl/Mz8mG3)

2005年にデビュー以来、目覚ましい活躍を見せているAAA。

グループ名は「Attack All Around」(すべてのことに挑戦する)の頭文字をとっているそうで、そのグループ名通り、AAAのグループとしてはもちろんのこと、メンバーのそれぞれが様々なフィールドで活躍している。

そんなAAAがフジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(略称: ケンカツ)の主題歌を担当する。
タイトルは「Tomorrow」。

ドラマの内容に寄り添うように書き下ろされたこの曲はAAAとしては久しぶりのバラードナンバーとなっており、7月19日に先行配信され、8月29日にリリースされるニュー・アルバム『COLOR A LIFE』にも収録される。

今回はそんなAAA「Tomorrow」の歌詞の意味や込められた想いなどについて考察します。

スポンサーリンク

AAA「Tomorrow」歌詞の意味とは?

「Tomorrow」ーAAA

作詞:Kenn Kato/Mitsuhiro Hidaka
作曲:Katrin”Neya”Klith/Ben Legit/Sebastian Owens

曖昧な君の記憶
間違いないのは一つ
愛されたこと

映画みたいにはどうも
上手くいかなくて
平穏な毎日、あの夢も止まってんだ
Hey girlだけどまだ
投げ出した訳じゃないんだ
きっとカタチにして届けてみせる

いつも言う通り、
ひとりよがり、
だとは思ってるんだ?
だから本当に出直したいんだ
1人きりでも

足りないもの数えても
幸せは描けなくて…
君がくれた言葉だけが
蘇るんだ

たとえ遠く離れても
僕の君は消えなくて
相変わらず呆れている
あの日のように

耳も目も塞げば
君に何度でも会えた
キレイに笑わないで ねぇ?
そんなに優しくしないで
あの日のように

いつだって、そばにいてくれたから
何度外しても、
這い上がってこれたんだ
なんであるものを
大切に出来なかったんだ
その声や体温(ぬくもり)、
笑顔、優しさ

自分のストーリー、
君のストーリー、なぁ
どう違ってるんだ?
多分永遠に答えでないよな
今更だけど

曖昧な君の記憶
間違いないのはひとつ
出会い、惹かれ、願い重ね
愛されたこと
時だけが流れてゆく
君の僕は消えてゆく
けれど生きて、
君を超えて強くなるんだ

君が手を繋げば雨も虹に変えた
そんな君のもういない
明日の足音が痛い
諦めないで…

どうしても、どうしても、baby
この胸が今はもういない
君の幻
そう追いかけるんだ

足りないもの数えても
幸せは描けなくて…
君がくれた言葉だけが
蘇るんだ

たとえ遠く離れても
僕の君は消えなくて
相変わらず呆れてる
あの日のように

耳も目も塞げば
君に何度でも会えた
君は君のままで
嗚呼全て僕の心の中へ
あの日のように

多分永遠に答え出ないよな
今更だけど

曖昧な君の記憶
間違いないのは一つ
出会い、惹かれ、背中押され
愛されたこと
時だけが流れ
僕だけが消えて
強くなるんだ

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の原作漫画のファンであるというAAAのメンバーである日高光啓さんはこの曲についてこうコメントしています。

このような形で関わらせていただけることをとてもありがたく思います。生活保護の話、なんて文面だけだと頭に入りにくそうかもしれませんが、確実に僕の話で、あなたの話で、あなたの住む街の話である事、近寄りがたい話ではないという事を、えみる達の成長と合わせて感じられる日が楽しみです。なによりこのドラマをいろんな方に見ていただきたいですし、僕たちの楽曲が少しでも力になれたらそんなに嬉しいことはありません。

ドラマの内容に対する熱い想いがあってこの曲を歌っていることが分かりますね。

それでは歌詞を見ていきましょう。

曖昧な君の記憶
間違いないのは一つ
愛されたこと

いつだって、そばにいてくれたから
何度外しても、
這い上がってこれたんだ
なんであるものを
大切に出来なかったんだ
その声や体温(ぬくもり)、
笑顔、優しさ

自分にとっての支えでありとても大切な君、自分をとても愛してくれていた君の存在をその頃の自分は当たり前だと思い込んでいて大切に出来なかった。そしてそんな君を失った。

映画みたいにはどうも
上手くいかなくて
平穏な毎日、あの夢も止まってんだ
Hey girlだけどまだ
投げ出した訳じゃないんだ
きっとカタチにして届けてみせる

いつも言う通り、
ひとりよがり、
だとは思ってるんだ?
だから本当に出直したいんだ
1人きりでも

あの頃の自分は全然上手くいかなくて、思い描いていた夢も実現できず止まったままだった。
だけど決して諦めた訳じゃないんだ。
いつも君が言う通り自分はひとりよがりで他人の言うことを聞こうともしなかった。そんな自分だったから一人きりの出発になるかもしれないけれど、心から出直したいと思ってるんだ。
そしてきっと夢を実現させてカタチにして君に届けてみせる。

この曲に出てくる“君”は主人公の自分にとってとても大切な人だったということが分かりますね。

いつだって、そばにいてくれたから
何度外しても、
這い上がってこれたんだ

君がくれた言葉だけが
蘇るんだ

など

“君”の支えがどれほど大切なものだったかが後になって分かり、そして今現在も“君”が支えになっているということが伝わってきます。

もうすでに大切な君を失ってしまったけれど、君からもらった愛のこもった行動や言葉が今の自分の支えであり背中を押してくれる。

大切な人からの愛を胸に、一段と強くなった自分で夢に向かって明日からの人生を歩んでいこう。

そんな想いが伝わってくる歌詞ではないでしょうか。

とても素敵な曲ですね。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:https://goo.gl/5br9uc)

いかがだったでしょうか。

今回はAAA「Tomorrow」の歌詞の意味や込められた想いについて考察してみました。

人からの愛情であったり、支えであったり、それらを失った後で自分にとって大切なものだったと気づくことってありますよね。
ただそれらは決して消えるものではなく、自分の心の中に残り続け、明日からの人生を生きていく支えや原動力となるのではないでしょうか。

いつも素敵な曲を届けてくれるAAA。今後の活躍からますます目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)