ファンキー加藤「希望のWooh (ウォー)」歌詞の意味とは?

ファンキー加藤「希望のWooh (ウォー)」歌詞の意味とは?

(出典:https://goo.gl/6wChLc)

9月26日にニューシングル「希望のWooh」をリリースするファンキー加藤さん。

この曲は、テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」8〜9月のファイティングミュージックとなっており、将来の夢はプロレスラーかミュージシャンだったというファンキー加藤さんにとって、念願のコラボレーションが叶った形となっている。

今回はそんなファンキー加藤さんの「希望のWooh」の歌詞の意味や込められた想いについて考察します。

スポンサーリンク

ファンキー加藤「希望のWooh」歌詞の意味とは?

「希望のWooh」ーファンキー加藤

越えろ越えろ
どんな未来でも
昨日を蹴っ飛ばして
叫ぼう 歌おう
言葉にならない
希望のWooh

いつも見上げてばかりだった
高い山都会のビル坂道
そして誰かの後ろ姿
僕は見上げていた
藁をも掴む思いで
伸ばしたこの手は
自分に誓った世界へどうか届いて

越えろ越えろ
どんな未来でも
昨日を蹴っ飛ばして
叫ぼう 歌おう
言葉にならない
希望のWooh

涙はずっと枯れなかった
どんなに心が乾いていても
こいつはきっと生きてる証
流しながら歩こう
運命じゃない自ら運んできた命
神様じゃない
この先も俺がお前が

越えろ越えろ
どんな未来でも
昨日を蹴っ飛ばして
叫ぼう 歌おう 言葉にならない
希望のWooh

夢が途切れ 立ち止まっても
願いだけはもっと自由であれ
今も鼓動が幾千の可能性を
叩いてる

今日もどこかで戦う人よ
孤独に負けるな
きっといつか
幸せと出会う日が来るから

越えろ越えろ
どんな未来でも
昨日を蹴っ飛ばして
叫ぼう 歌おう
言葉にならない
希望のWooh

Wooh…

※歌詞についてましては、管理人が一部文字起こしをしているため間違っている可能性があります。正式なものが発表され次第更新致します。

ファンキー加藤さんはこの曲についてこうコメントしてます。

元気ですかー! プロレスファン歴30年、外面はミュージシャン、心はいつでもヤングライオンのファンキー加藤です。 このたび、ニューシングル『希望のWooh』がワールドプロレスリングのファイティングミュージックに決定しました。プロレスラーは何度倒されても、立ち上がり続けます。雄叫びと共に。そしてこの楽曲も叫んでます。言葉にならない想いを「うおぉぉぉー!」と。 リング上の熱い戦いと、希望のメロディがリンクする瞬間を、ゾクゾクしながら待ちたいです。 Good bye & Good night!Bang!
(引用:https://www.m-on-music.jp/0000289144/)

それでは歌詞をみていきましょう。

いつも見上げてばかりだった
高い山都会のビル坂道
そして誰かの後ろ姿
僕は見上げていた
藁をも掴む思いで
伸ばしたこの手は
自分に誓った世界へどうか届いて

「今までは、
自分には到底越えられそうもない壁や、
背中を追いかけても追いつけそうもない人を
見上げてばかりで何も出来ずにいた。
でも勇気を出して藁をも掴む想いで一生懸命手を伸ばしてみたんだ。
自分に約束した場所までどうか届いて欲しい。」

何か夢や目標に向かって一生懸命に走り出した光景が目に浮かんできますね。

涙はずっと枯れなかった
どんなに心が乾いていても
こいつはきっと生きてる証
流しながら歩こう
運命じゃない自ら運んできた命
神様じゃない
この先も俺がお前が

「何かに疲れたり、どんなに傷ついていて心が渇いていても、
涙だけは枯れなかった。」

悔し涙だったり、悲しくて流す涙だったり、何かを達成した時の涙だったり、感動した時の涙だったり、、、、
夢や目標を達成するという強い気持ちがあるからこそ流した涙はずっと枯れることはなかったと言っているのだと思います。どんなことがあっても夢や目標に対する強い気持ちは持ち続けていたということですね。
そんな時に流す涙は生きていると言うことを実感できる涙であり、生きている証なんですよね。
運命みたいな神様が決めたようなことではなく、自らの足でここまで歩んで来たんだという強い気持ちを感じますね。

夢が途切れ 立ち止まっても
願いだけはもっと自由であれ
今も鼓動が幾千の可能性を
叩いてる

越えられない壁にぶち当たったり、夢への可能性が途切れた時でも、
「道はそこだけじゃないんだよ。道は無数に存在していて、もっと自由に考えていいんだよ。」
と、何かを追いかける余り自分にはその道しかないと思い込んでしまいそうなところに、「もっと自由でいい、君には可能性が無限にある」ということを言ってくれています。

今日もどこかで戦う人よ
孤独に負けるな
きっといつか
幸せと出会う日が来るから

何かに向かって頑張っている時というのは、一人で戦わないといけない場面が多くて、孤独な気持ちを感じてしまうことがありますよね。
そんな人たちへ向けて、その孤独はいつか幸せと出会う日のためのものであるから、負けずに立ち向かって欲しい。と、背中を押してくれています。

越えろ越えろ
どんな未来でも
昨日を蹴っ飛ばして
叫ぼう 歌おう
言葉にならない
希望のWooh

「どんな未来が待っていようと、越えろ、とにかく越えていけ、
何度倒れてくじけそうになっても、そんなの蹴っ飛ばして明日に向かっていこう。
言葉にならないほどの希望を持って。Woohという雄叫びをあげて。」

夢や目標に向かって一生懸命頑張っている時というのは、言葉にならない程のエネルギーがあり、どんな困難なことがあってもまさに、Woohと雄叫びをあげて立ち上がってしまいそうなくらいにすごいパワーですよね。

これから何かに挑戦しようと思っている人に、これくらいのエネルギーを持ってとにかく越えていけ、きっといつか幸せと出会う日がくるから、とファンキー加藤さんはエールを送ってくれている様に思いますね。
とても素敵な曲ですね。

スポンサーリンク

終わりに

(出典:https://goo.gl/4Qp1a7)

いかがだったでしょうか。

今回はファンキー加藤さんの「希望のWooh」の歌詞の意味や込められた想いについて考察して見ました。

ファンキー加藤さんらしい応援歌で多くの人の背中を押す一曲となっているのではないでしょうか。

皆さんもぜひ、ファンキー加藤さん「希望のWooh」を聴いて、夢に向かっていく勇気をもらってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)