セカオワ「イルミネーション」の歌詞の意味とは?

sekainoowari_02_pic

(出典: https://natalie.mu/music/gallery/news/303160/715134)

人気女優の米倉涼子さん主演によって注目を集めているドラマ・『リーガルV』

このドラマのために書き下ろされたのが、セカオワことSEKAI NO OWARI(世界の終わり)の「イルミネーション」です。

セカオワが、

今回、ドラマのお話を頂き、炎で燃やされても残ることが出来るくらいの強さと、色んな意見を聞いて決断するという優しさその選択を後押し出来る曲にできたらと思いこの歌を作りました。いろんな人のいろんな瞬間や景色に重なり合う歌になってもらえたら嬉しいです。

というコメントを残しているように、非常に鮮明な情景や温かい雰囲気を感じさせてくれるメロディーが印象的なこの一曲。

今回は、この「イルミネーション」という曲の歌詞の意味について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

SEKAINO OWARI「イルミネーション」歌詞の意味とは?

「イルミネーション」ー SEKAI NO OWARI
作曲: Saori・Nakajin
作詞: Saori・Fukase

君に似合うのはきっと
赤でも青でも黄色でもない
どんな炎に焼かれても
ただ一つ残る色だ

幸せになるにはきっと
何か払わなきゃいけないの、と
泣いているような空を見る
君の強さを知っているよ

汚れたような色だねって
そんなに拗ねるなよ
人知れずシャツの袖で
涙を拭った君に

純白の街へ連れてくよ
緑や赤の綺麗な光
濡れた袖が暖まるまで
雪道を彩る
二人だけの足跡

優しさに色があるなら
赤でも青でも黄色でもない
全部を混ぜあわせて
ただ一つ出来る色だ

それ、鼠色だよねって
顔をしかめるなよ
人知れず眠れない
夜を過ごした君に

僕らの家へ帰ろうか
影絵のような帰り道
夕食の匂いのする方へ
二人手を繋いで
向かい合った足跡

強いようで弱い
でも弱いようで強い君へ贈る色 グレー

今年の冬は暖かいね
少し前に君が言ってたけど
世界はこんなに一瞬で
真っ白になっていく

純白の街へ連れてくよ
緑や赤の綺麗な光
濡れた袖が暖まるまで
雪道を彩る
二人だけの足跡
続いていく足跡

『リーガルV』というドラマは、米倉さん演じる小鳥遊翔子が、どんなに不利な訴訟であったとしても、あの手この手を尽くして「勝利」を目指すという物語です。

過去に弁護士資格を剥奪された翔子ですが、“人を救うのに資格なんていらない” という思いで法律事務所を立ち上げ、訳ありの弁護士たちなどをスカウトして大手法律事務所に立ち向かうという面白いストーリー。

冒頭にセカオワの「炎で燃やされても残ることが出来るくらいの強さと、色んな意見を聞いて決断するという優しさ、その選択を後押し出来る曲にできたら」という言葉をご紹介しましたが、曲中にでてくる、

優しさに色があるなら
赤でも青でも黄色でもない
全部を混ぜあわせて
ただ一つ出来る色だ

強いようで弱い
でも弱いようで強い君へ贈る色 グレー

といった歌詞の中に、いろんな物語を考慮して決断することの難しさや、その決断の特別さを感じることができるように思います。

グレーには普通、少し濁った印象を受けたり、グレーゾーンといった言葉にもあるように悪いラインのギリギリの行いのようなイメージを持つ方も多いはず。

でも、「イルミネーション」の歌詞に出てくるグレーには、考え抜いた末に出てきた決断であり、その決断には優しさと人情味がある印象が伝わってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

セカオワ「イルミネーション」は今年一の冬ソング?

sekainoowari_01_pic

(出典: https://www.imgrumweb.com)

SEKAI NO OWARIのバラードには彼ら独特の温かみがありますが、この「イルミネーション」もそんな素敵な一曲の一つでしょう。

「難しい決断を後押しする」という特徴に加えてもう一つ、この曲はこの時期にぴったりのウィンターソングですよね。

今年の冬は暖かいね
少し前に君が言ってたけど
世界はこんなに一瞬で
真っ白になっていく

のような雪景色といった情景を感じさせる歌詞や、

純白の街へ連れてくよ
緑や赤の綺麗な光
濡れた袖が暖まるまで
雪道を彩る
二人だけの足跡
続いていく足跡

曲を通して伝わってくる「彼女を色で例えた独特な世界観」。

セカオワしか出せない、引き込まれるような世界観も、その温かみを演出しているのかもしれませんね。

終わりに

sekainoowari_03_pic

(出典: https://rockinon.com)

いかがだったでしょうか。

今回は、ドラマ・『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』の主題歌として書き下ろされた、SEKAI NO OWARIの「イルミネーション」という曲について、その意味を考察してみました。

冬の訪れを感じるこの季節。

大切な人と一緒に聴きたくなるような素敵なウィンターソングが、一足早くセカオワから届きましたね!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)