マカロニえんぴつ「はしりがき」歌詞の意味や曲に込められた想いを紹介!

マカロニえんぴつ「はしりがき」歌詞の意味や曲に込められた想いを紹介!
スポンサーリンク

ボーカルのはっとりさんを中心に、2012年に神奈川県で結成されたという次世代ロックバンド・マカロニえんぴつ。

その多種多様かつエモーショナルなバンドサウンドが幅広い世代に受け入れられている彼らの音楽ですが、この「はしりがき」は『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』の主題歌として書下ろされ、歌詞がとっても良いと話題を呼んでいる一曲です。

毎年豪華なアーティストが主題歌を担当することでも知られている「映画クレヨンしんちゃん」シリーズを担当することになったはっとりさんは、

「『青春ってこういうものだよ!』と言わず『あなたの青春は何ですか?』と問いかけるような楽曲にしようと思いました」

というコメントも残されています。

どんな内容になっているのか、今回はこちらのマカロニえんぴつ「はしりがき」の歌詞の意味や曲に込められた想いについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

マカロニえんぴつ「はしりがき」歌詞の意味や曲に込められた想いを紹介!

「はしりがき」ー マカロニえんぴつ
作詞: はっとり
作曲: はっとり

イメージは超えられないのさ
だからこそ走るのだ 振り返らず
どう転んでもあんたはあんただ
仮面より、起こせアクション!
いざゆけ

叶わない夢などないけれど
敵わないゾ、Oh 父ちゃんの背中

語り合った友たちも
大人しくなれた大人たちも
分からない事をぜんぶ“青春”と
呼ぶことにしてます

ただ無駄を愛すのだ!
生き止まらないように笑うのだ
素直になれずごめんね
まだ あなたには自分を愛して
いてほしいだけなのです

交わし合った約束も
守れないと知ってしまって
それでも進んでゆく青春を
抱きしめて走るぜ

いざ無駄を愛すのだ!
生き止まらないように笑うのよ
素顔になれた気がした
ただあなたには自分を愛して
ほしいだけなのです

そう 掛け替えのない日々は掛け違いだらけだ
だからいいのか
もう買えないモノの方が欲しい歳頃になっちまったな
覚えた数だけ分からないことだらけ
頭の中は騒がしく踊る
悲しいだけがさよならじゃない

マカロニえんぴつ「はしりがき」歌詞の意味や曲に込められた想いを紹介!

なんと今回でシリーズ29作目となる『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』(2021年4月23日公開)。
シリーズの中では学園で繰り広げられる初のミステリー作品となっていることが公表されています。

主題歌を担当したマカロニのメンバーは以下のようにコメント。

//マカロニえんぴつ コメント//

今回主題歌を担当させて頂きます、マカロニえんぴつです!
「クレヨンしんちゃん」は子どものころから毎週アニメを見て、映画館にも行って、週末にはレンタルショップにビデオを借りに行くという感じで、いつも生活の中にありました。
主題歌に決まった時は「まさか自分たちがやれるなんて!」という思いでモーレツに!嬉しかったです。

今回、映画のテーマとして“青春”は欠かせない部分で、
「青春ってこういうものだよ!」とは言わず「あなたの青春は何ですか?」と問いかけるような楽曲にしようと思いました。
“青春”は輝いていたり、後悔したり、友達との別れがあったり、何かに燃えたり…これから自分で捕まえにいくものでもあると思います。
理想に近づこうとしている瞬間もまた青春だ!というメッセージを歌に込めて作りました。

そのくらい漠然としているものだと思います。歌や青春には一つの正解はないと思います。
でも、その“青春”によってケツに火がついて僕たちは走っているような気がします。
“青春”は生きることにおいて欠かせないものだと、この楽曲で感じてくれると嬉しいです。

「理想に近づこうとしている瞬間もまた青春」、
そして、「歌や青春には一つの正解はないはないけれど、“青春”は生きることにおいて欠かせないものだ」という想いが込められているようですね。

歌詞の中にも、

叶わない夢などないけれど
敵わないゾ、Oh 父ちゃんの背中

といった「クレヨンしんちゃん」の子どもたちの姿が想像できるものもあれば、

交わし合った約束も
守れないと知ってしまって
それでも進んでゆく青春を
抱きしめて走るぜ

いざ無駄を愛すのだ!
生き止まらないように笑うのよ
素顔になれた気がした
ただあなたには自分を愛して
ほしいだけなのです

「友情」のことや「自分を大切にしてほしい」といった友のことを想う気持ちが曲の節々に散りばめられているように思います。

きっと老若男女、映画を見る人だけに限らず今を生きる人たちに響く素敵な一曲ですよね!

ーーーーーー
『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』あらすじ
makaroni-enpitsu-2全寮制の超エリート校「私立天下統一カスカベ学園」通称・天カス学園に1週間体験入学する事となったしんのすけ達。入学を目指していた風間は、足を引っ張るしんのすけとの大喧嘩の末に寮から飛び出してしまった。探しに出た所、壊れた時計塔の中でお尻に噛み跡がある状態で倒れている所を発見された。翌朝に目を覚ましたものの究極のおバカに変貌していた。学園で似た怪事件が多発していた事もあり、しんのすけ達は「カスカベ探偵倶楽部」を結成。しんのすけ達が迷推理の末に見つけたモノとは…
ーーーーーー

終わりに

makaroni-enpitsu-3

こちらの記事では、人気急上昇中のロックバンド・マカロニえんぴつの「はしりがき」の歌詞の意味や曲に込められた想いについてご紹介してみました。

映画の主題歌ということで「青春」のテーマに沿って、青臭さと疾走感が溢れる内容となっているこの一曲。

しかし、ただ主題歌のためというよりは、マカロニえんぴつらしさも全開で映画だけでなく現代を生きるだれもが特別な想いを感じられる歌詞でありメロディーに仕上がっているのではないでしょうか。

時間のある方は劇場で映画を観ながらこの曲に浸ると、より「はしりがき」の魅力に触れられてよさそうですね!

スポンサーリンク

シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。

1+

コメントを残す

*
*
* (公開されません)